ここから本文です

あなたの日本語間違ってない!? 焼け”ぼっくり”?”ぼっくい”?

9/18(水) 17:01配信

テレ東プラス

今回は、生活の中で何気なくつかってしまっている間違った日本語を紹介。

あなたは何問正解できる!?

第1問:「 ? 」に火がつく!?

空欄に言葉を入れて正しい慣用句を作ってください。

「俳優やってんだから」と自信満々の山下真司は、「焼けぼっくり」と解答し不正解。日本語の乱れを憂う緑のおじさん・パー助は、「お前、食いしん坊だから、お前がぼっくりっていうとうまそうなんだよ」と激怒! さらに、丸山桂里奈の「おしりに火がついて」という珍解答にはスタジオも大爆笑。

正解は「焼けぼっくい」
ぼっくい(木杭)は、木の棒のこと。
「松ぼっくり」と混同し「焼けぼっくり」と間違いやすいので注意。

第2問:無い「 ? 」

空欄に正しい言葉を入れて慣用句を作ってください。

「四年制大学の人文学部言語文化学科を卒業しています!」とドヤっていた友近の解答は「無いもんはない」。さらに上をいくのが「47年間日本なんで...」と根拠のない自信を見せるよゐこ・濱口優。「無いもんはないです。すんません。ないです」との解答で、しっかり笑いをとった。

正解は「無い袖は振れない」
昔は着物の袖は銭袋を入れるところで、ちょっとしたことがあるとそこからお金を出してお小遣いをあげる習慣があった。そのため、袖がない=お金がない、という意味に。

第3:作文問題「よもや」

日本語を厳しくチェックする“日本語マスター“として出演する日本語学者・金田一秀穂先生の名前と、「よもや」をいう言葉を使った作文問題。

西野未姫の解答は「金田一さんの大好物は“よもや“もちです」。設楽が「“よもやもち“大好きですか?」と問いかけると金田一先生は「お餅大好き♪」と答えてくれ、西野も「よもや餅はこれからくる!」とノリノリ。でも、当然ながらこれは不正解!

正解例は、「金田一さん、よもや読めない字はないでしょうね」(山下真司)。
「よもや」は“推測“の意味を持ち「まさか~ないだろう」という意味で否定文に使われる。

第4問:言葉の説明「情けは人のためならず」

日本人の5割が意味を間違えて覚えているという、このことわざ。あなたは、正しく説明できますか?

「国語だけなら、東大の2次試験に進めた」と自信満々のオードリー・春日俊彰の解答は「その人のことを思うなら、必要以上に世話をしたりフォローをしない方が良いということ」。このように覚えている人も多いかもしれませんが、これは不正解!

1/2ページ

最終更新:9/18(水) 17:40
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事