ここから本文です

iPhone 11よりも先進的!? 折り畳めるスマホ「Galaxy Fold」

9/18(水) 7:00配信

&GP

最大3つのアプリを表示可能

新しいiPhoneが発表されて、気になっている人が多いと思いますが、韓国では折り畳めるスマホが人気を集めているようです。9月6日に発売開始となったサムスンの「Galaxy Fold」という端末です。239万8000ウォン(約21万円)という驚きの価格ですが、発売初日に用意された2000~3000台が半日で完売し、携帯電話キャリアによる予約販売分(数百台)も、わずか10分で完売したそうです。

【詳細画像はこちら】

Galaxy Foldは、今年2月に発表され、当初は4月に発売される予定でした。しかし、発売前にレビュアーに貸し出した端末に不具合が見つかり、改良を行うために発売が延期されました。そして、サムスンは改良したGalaxy Foldを、9月6日~11日にドイツ・ベルリンで開催された世界最大級の家電ショー「IFA2019」に出展。韓国を皮切りに、世界で順次発売することが発表されました。

7.3インチの大画面を自由自在に使える!

タブレットのような大画面。されど、持ち歩くときはコンパクトに折り畳める。Galaxy Foldは、そんな画期的なスマホです。今のところ、日本発売は未定ですが、IFAを取材した際に、いち早く触らせてもらう機会を得ました。

実際に触れた率直な感想を先に言うと、ものすごくワクワクしました。ずっと触っていたくなり、人に自慢したくなる “未来感” のある端末でした。では、その使用感を自慢させてください。

折り曲げられるディスプレイは7.3インチの有機ELで、解像度は2153×1536ドット。フツーのスマホの2画面分くらいの大きさです。当然、ウェブも地図も写真も、なんでも見やすい。近くにいる人からの覗き見が気になるほどの見やすさでした。

大画面を生かして、マルチウィンドウ機能も便利に使えます。最大3つのアプリを同時表示でき、それぞれの表示領域を変えたり、表示する位置を変えるといったことも簡単にできます。

折り畳むとガラケーの感覚で使える!

Galaxy Foldは折り畳むと、横幅は約62.9mmになります。一般的なスマホよりもスリムで、ポケットにも収めやすい印象です。

折り畳んだ状態の表側にも4.6インチ(1280×720ドット)のディスプレイが搭載されています。このディスプレイもフツーのスマホと同じように使えます。電話をかけたり、メールをチェックして返信したりというときに、いちいちスマホを広げる必要はないんです。しかも、折り畳んだ状態では片手で操作しやすいというメリットもあります。

1/2ページ

最終更新:9/18(水) 7:00
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事