ここから本文です

理屈より体で覚えましょう! 藤井かすみゴルフレッスン

9/18(水) 14:16配信

中日スポーツ

 ゴルフが大好きなみなさん、こんにちは。藤井かすみです。今回から半年間、みなさんとお付き合いすることになりました。私がお薦めするのは、簡単な練習法で自然と正しいスイングが身に付く体感ドリルです。ゴルフは理屈より体で覚える方が早道ですよ。 (取材・構成 児玉光雄)

 100を切れずに「もう、ゴルフなんてやめよう」なんて思っている方はいらっしゃいませんか?。そんな方は、私のレッスンに付いてきてください。私の薦める簡単なドリルをやってみてください。「なんだ、こんなことだったのか」とスイングが理解できるようになるはずです。

 上達しない方には共通の欠点があります。それは、うまくボールに当てられないことです。その多くがダフリ。直接ボールに当たる前に芝や土を打ってしまうのですから、ボールは飛んでくれません。何度もチョロったりすると、おもしろくなくなります。腹も立ちます。

 私にも経験があります。学生時代はソフトボールをやっていて投手でした。日本代表にも選ばれました。プロゴルファーになろうと思ったのは他人に勧められたからではなく、普通のOL生活に飽きたのと、今できることは今やらないと後悔すると思って会社を辞めました。22歳のときです。

 決断のきっかけになったのは、村口史子さんのスープスパゲティのコマーシャルでした。「OLからプロに転向しました」ってフレーズを聞き、わたしにもできそうな気がしたんです。

 最初は止まっているボールを打つのだから、すぐに上達すると思っていました。ところが、なかなかうまくいきません。どうしてもダフってしまうのです。もう、イライラってもんじゃありません。

 当たっても素直に飛んでくれない。右にいったり、左にいったり。時々は真っすぐ飛んでくれるのですが、それもたまたま当たったって感じ。「ボールをよく見て」と言われるのですが、どうやってもダフってしまうのです。

 いま思えば、力が入るあまり、すくい打ちになっていたんですね。今なら、このすくい打ちがゴルフにとっていけないことはわかりますが、飛ばそうと思うがあまり、クラブヘッドが下から入っていたんです。

1/2ページ

最終更新:9/18(水) 14:28
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事