ここから本文です

前回王者リヴァプールが2失点のナポリがホームで白星スタート

9/18(水) 6:04配信

SPORT.es

UEFAチャンピオンズリーグがついに開幕。
ナポリとディフェンディングチャンピオンのリヴァプールが対戦し、2-0でナポリが勝利を収めている。

“憧れはロナウジーニョ”と明かすファン・ダイクがUEFA年間最優秀選手賞を受賞


両者は昨季のグループステージでも対戦しており1勝1敗とどちらも譲らない結果で終えているが、グループステージはナポリが首位通過を収めている。

リヴァプール所属のヘンダーソンは前日記者会見では「優勝争いについてはまだ話するのが早い」と語り、この初戦に集中していると明かしていた。


そして迎えた初戦。
ナポリがチャンスを作る。前半6分、マリオ・ルイが左サイドで起点をつくり、ファビアンがミドルシュートを放つ。GKに1度阻まれ、こぼれ球も再びシュートを放ったが、リヴァプールGKのアドリアンが立ちはだかった。


ナポリは左サイドを中心に攻撃を展開。ボールを大事に回し、ディフェンディングチャンピオンを苦しめる時間はあったもののゴールは奪えず。対するリヴァプールもサラーを中心に縦に速い攻撃でナポリに迫ったがこちらもゴールを奪えず、お互いスコアレスで前半を折り返した。


後半64分、リヴァプールが決定的なチャンスを迎える。
ナポリDFのマノラスがハイボールの処理を失敗し、サラーに高い位置でボールを奪われる。ほとんどプレッシャーのない状態でシュートを放ったサラーだが、GKメレトが左手の指でかすかに触りファインセーブを見せた。


75分にゲームが動く。
リヴァプールのDFアンドリュー・ロバートソンがPA内でジョレンテを倒してしまいPKを与えてしまう。このPKをメルテンスがしっかりとゴール左に決めリヴァプールから貴重な先制ゴールを奪った。(1-0)


ナポリがロスタイム1分、勝利を決める追加点を挙げる。
右サイドでメルテンスが起点を作り、リヴァプールのDF陣のミスでこぼれたボールをジョレンテがゴールに流し込んだ。(2-0)


再三チャンスを演出したリヴァプールだったが、メレトが立ちはだかりゴール奪えず。
ナポリが試合後半チャンスをものにし、ホームで前回王者リヴァプールから貴重な勝ち点3を獲得している。

SPORT.es

最終更新:9/18(水) 6:16
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事