ここから本文です

世界のビジネス旅行者が選ぶベストエアライン2019、アジア版はシンガポール航空、空港版や座席別でも発表

9/18(水) 13:02配信

トラベルボイス

世界的なビジネス誌「ビジネス・トラベラー」は、アジア太平洋の旅行・ホスピタリティー産業における2019年の各賞を発表した。これはビジネス・トラベラー誌読者およそ3万人の投票から選ばれたもので、今回で28回目となる。空港、航空会社、ホテルの各分野からそれぞれベスト3が選ばれた。

航空会社ではシンガポール航空が6部門でベストエアラインに選出。日本の航空会社はいずれもベスト3には入らなかった。

▼ベストエアライン
1.シンガポール航空
2.カタール航空
3.キャセイ・パシフィック航空

▼ベストエアライン地域版
【アジア太平洋版】
1.シンガポール航空
2.キャセイ・パシフィック航空
3.タイ国際航空

【中国版】
1.中国南方航空
2.中国国際航空
3.中国東方航空

【欧州版】
1.ルフトハンザ・ドイツ航空
2.ブリティッシュ・エアウェイズ
3.KLMオランダ航空

【北米版】
1.アメリカン航空
2.デルタ航空
3.ユナイテッド航空

【中東/アフリカ版】
1.カタール航空
2.エミレーツ航空
3.エティハド航空

▼ベストLCC
1. エアアジア
2. イージージェット
3. HKエキスプレス

▼ベストファーストクラス
1. シンガポール航空
2. エミレーツ航空
3. キャセイ・パシフィック航空

▼ベストビジネスクラス
1. カタール航空
2. シンガポール航空
3. キャセイ・パシフィック航空

▼ベストプレミアムエコノミークラス
1. シンガポール航空
2. キャセイ・パシフィック航空
3. ヴァージン・アトランティック航空

▼ベストエコノミークラス
1. シンガポール航空
2. エミレーツ航空
3. キャセイ・パシフィック航空

▼ベスト会員制度(FFP)
1.シンガポール航空 Krisflyer
2.キャセイ・パシフィック航空 Marco Polo Club
3.ブリティッシュ・エアウェイズ Executive Club

また、空港分野ではシンガポールのチャンギ空港が強く、シンガポールはアジアでのベストビジネスシティにも選出。レジャーシティでは東京が第3位に入った。

▼世界のベスト航空
1.チャンギ国際空港
2.香港国際空港
3.ヒースロー空港

【アジア太平洋版】

1.チャンギ国際空港
2.香港国際空港
3.仁川国際空港

【免税店版】

1.仁川国際空港
2.チャンギ国際空港
3.ドバイ国際空港

なお、同賞では優れたビジネスシティについても結果発表。世界のベストビジネスシティにはロンドン、シンガポール、香港、アジア地域ではシンガポール、香港、バンコクが選出された。

トラベルボイス編集部

最終更新:9/18(水) 13:02
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい