ここから本文です

アジア「巨大十字路」の正体に 香港デモの表と裏...総力取材!

9/18(水) 17:01配信

テレ東プラス

急成長する東南アジア経済から、アフリカが直面しているエネルギー問題など、世界で起きている最新事情を総力取材。

想像を超えるスピードで変化する世界で、日本が直面する近未来を予測する。

アジアの消費を狙え! 日本企業の挑戦

親日国として知られるベトナムには、現在約2000社の日系企業が進出。特に最近は、米中の貿易摩擦の影響で、生産拠点を中国から移管する企業が増えている。そんな日系企業からの依頼が急増しているのが、物流大手の「日本通運」。番組が取材した5年前から、将来に備え、東南アジア各国の物流ルートの調査を続けてきた。そして今、悲願だった新たなルートが完成。これまでは、船便で首都・ハノイからタイまでを周回し、2週間かかっていた行程を、陸送で3泊4日で運ぶことが可能に。これを実現したのがインドシナ半島を横断する「東西経済回廊」。この大動脈が繋がったことで、東南アジア間の陸上輸送体制が整った。

番組は、総距離1500キロにも及ぶ東西ルートでの輸送トラックに同行。東南アジアのインフラの発展ぶりを目の当たりにする。ベトナム国内は南北を貫く高速道路が整備され、かつて煩雑だったラオスでの通関手続は大幅に短縮。2015年に発足した東南アジア10カ国のASEAN経済共同体により、人や物の自由な行き来が実現していた。以前は崩落や横転事故が多発していたラオスの道路は日本の支援で整備され、沿道には日本式の「道の駅」も。タイとの国境近くには、コンテナの積み替えが可能な物流ターミナルを整備。その後、取材班はトラックと別れ、さらに西へ進むと、そこに現れたのはアジア経済の要地を東西南北に結ぶ巨大な十字路だった。

「東西回廊」の終着地であるミャンマーは、急速な民主化が進んだ結果、経済成長率は6%台を維持、今東南アジアで最も発展が目覚ましい国だ。5年前は見渡す限り更地だった場所が、現在では経済特区となり、日本式の巨大工業団地に。

ここに工場を構える日系企業が、即席麺などの製造・販売を行う「エースコック」。1995年に進出したベトナムでは、すでにシェア50%以上を誇る同社だが、ミャンマーの即席麺市場は激戦で、シェアは業界4位。主にタイからの輸入品が市場で幅を利かせている。番組は現地市場の開拓を任された梶原伸介さんに密着。試食イベントや現地の家庭へのリサーチで手応えをつかんだ梶原さんは、逆転に向けた秘策を練る。

1/3ページ

最終更新:9/18(水) 17:01
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事