ここから本文です

【動画解説】台風発生の可能性高まる 3連休荒天も 秋は足踏み 来週は真夏日続出

9/18(水) 15:40配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 秋が日本列島を徐々に南下していますが、沖縄の南海上にある熱帯低気圧が今後台風に発達して、次の3連休そして日本の秋の深まりにも影響していきそうです。

 このところの朝晩の冷え込みで、北海道の旭岳では全国のどこよりも早く紅葉が最盛期を迎えています。
 また北海道だけでなく本州の尾瀬ではミズバショウに始まる花リレーの最終走者「エゾリンドウ」が見ごろです。
 この花が咲いたらいよいよ尾瀬でも紅葉が始まってきますが、ただここにきて秋の深まりにブレーキがかかって、紅葉が遅くなる可能性も出てきました。
 20日(金)の彼岸の入りには西日本の暑さも和らぎますが、23日(月)の秋分の日以降に注目すると、再び30℃以上の真夏日地点が続出して、全国的に10月目前とは思えない暑さに見舞われる予想です。
 これはなぜでしょう?原因は沖縄の南にある熱帯低気圧にありそうです。この熱帯低気圧は、今後24時間以内に(早ければ18日にも)台風に発達する予想で、北上するとともに熱帯の暑い空気を日本列島に持ち込むことが予想される為です。
 熱帯低気圧の発達や北上の程度はまだ定まっていませんが、どうやら3連休の天気に影響が重なってきそうです。
 日に日に予想も固まってきますので、こまめに今後の情報を確認するようにしてください。
(気象予報士・吉野元子)

最終更新:9/18(水) 15:40
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事