ここから本文です

【MLB】Rソックスのレジェンド「ヤズ」の孫がフェンウェイで本塁打

9/18(水) 15:22配信

MLB.jp

 1983年以来36年ぶりに、レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークに「ヤストレムスキー」の場内アナウンスが戻ってきた。ジャイアンツの新人外野手、マイク・ヤストレムスキーはメジャーデビュー後初めてフェンウェイ・パークを訪れ、祖父カールが23年間のキャリアで237本のアーチを架けたバッターボックスに立った。ボストンのファンに大歓声で迎えられたマイクは、4回表の第3打席でセンターへの20号ソロを放ち、その歓声に応えてみせた。

 マイクの祖父カールは、23年間のキャリアをレッドソックスに一員として全うした、レッドソックスが誇るフランチャイズ・プレイヤーである。1961年にメジャーデビューを果たしてから、1983年にユニフォームを脱ぐまでの23年間、カールはレッドソックスの中心打者として活躍し、1967年には三冠王とア・リーグMVPを獲得。通算3419安打、452本塁打、1844打点、オールスター・ゲーム選出18度、ゴールドグラブ賞7度を誇る、レッドソックスのスーパースターだった。

 カールがフェンウェイ・パークで最後の本塁打を放ったのは1983年7月31日(現地時間)。それから36年と1ヶ月と17日の時を経て、再び「ヤストレムスキー」がフェンウェイ・パークで本塁打を放つ日がやってきた。その一発を放ったのが、カールの孫マイクである。マイクは「1番・レフト」で先発出場したが、守備位置のレフトも祖父カールと同じだったのは、決して偶然ではないだろう。

 もちろん、今回の出場機会は記念として与えられたものなどではなく、マイクが自身の活躍で勝ち取ったものである。29歳の「オールド・ルーキー」であるマイクは、703試合のマイナー経験を経て、今年5月にメジャーデビュー。祖父カールによると、マイクはなかなかメジャー昇格の機会を与えられないなかでも、決して不平不満を漏らすことはなかったという。その後は着実に結果を残し、ここまで97試合に出場して打率.266、20本塁打、52打点、OPS.842をマーク。デビューイヤーの本塁打数は、祖父カール(11本)を大きく上回っている。レッドソックスの「レジェンド」である祖父の領域に近付くのは簡単なことではないが、今後のキャリアが楽しみな存在だ。

最終更新:9/18(水) 15:22
MLB.jp

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事