ここから本文です

フェデラー 東京オリンピック参加へ言及「来月あたりに決断」<男子テニス>

9/18(水) 12:43配信

tennis365.net

来夏の東京オリンピック参加に言及

9月20日から22日まで開催されるエキシビション レーバー・カップ(スイス/ジュネーブ)に出場する世界ランク3位のR・フェデラー(スイス)が、地元スイスのテレビ局のインタビュー内で来年開催する東京オリンピックへの参加について言及した。

【フェデラーや錦織らが対決】

38歳のフェデラーはこれまで、2000年のシドニー、2004年のアテネ、2008年の北京、2012年のロンドンで行われたオリンピックに出場。シングルスではロンドンで銀メダル、ダブルスでは北京で金メダルを獲得している。

フェデラーは、インタビュー内で東京オリンピックへの参加を「来月あたりに決める」とコメント。

続けて「2020年のスケジュールとしては、今のところウィンブルドンまでは設定されている」と語った。

来年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は7月12日に決勝が行われることになっており、その後開催する東京オリンピックのテニス競技は7月25日に開幕予定となっている。

最後に「オリンピックには良い思い出があるが、まだわからない。今後数週間、できれば来月中にオリンピックについて決定するつもりだ」と結論付けた。

フェデラーはレーバー・カップにヨーロッパ・チームの一員として出場し、世界ランク2位のR・ナダル(スペイン)、同5位のD・ティーム(オーストリア)、同6位のA・ズベレフ(ドイツ)、同7位のS・チチパス(ギリシャ)らと共演する。

最終更新:9/18(水) 12:43
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事