ここから本文です

渋野とスイングそっくり19歳上野菜々子、コーチも道具も同じ「かわいがってもらってる」

9/18(水) 15:16配信

中日スポーツ

 今週の20日から愛知県美浜町の南愛知CCで開幕する第50回デサントレディース東海クラシックに、渋野日向子そっくりの“アマチュア選手が出場する。大阪府枚方市在住の上野菜々子(19)=ロイヤル高松=で、何から何まで渋野そっくりなのだ。

 練習開始日となった17日の火曜日、上野は練習場でひときわ力強い球を打っていた。球質はフェード系だが、なんだか渋野日向子を思わせるようなスイング。それもそのはず。コーチが渋野と同じ青木翔さんというのだ。

 それだけじゃなかった。使っているクラブも渋野と一緒のピン。名前に、いまどき珍しい「子」が付いているのも同じだ。その上、「渋野さんにはアマチュアのときからかわいがってもらっています」という関係だとも言うのだ。

 実はこの大会に出場できるのは、8月25日に行われた東海クイーンズを勝って出場資格を得たもの。本来は中部地区在住のアマチュアに資格がある競技なのだが、特別に主催者推薦出場をもらってゲットした。その翌日の26日、北海道・小樽CCで渋野とニトリレディスの練習ラウンドを一緒にしている。「楽しかった。全英に勝たれる前から約束もらっていたんですよ」と笑った。(児玉光雄)

最終更新:9/28(土) 1:33
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事