ここから本文です

シティの「ホラーショー」は続く!? 冬の市場でリーガから引き抜きか

9/18(水) 7:20配信

SPORT.es

マンチェスター・シティのノリッジ・シティ戦の敗北(3-2)は、まだイングランドで騒がれている。ジョン・ストーンズと二コラス・オタメンディの2センターバックの深刻な問題、特に3失点目のアルゼンチン人CBの失態は、監督ペップ・グアルディオラが求めるレベルではあってはならないものであり、嘲笑の的になっている。

ペップとアグエロが衝突! 女房役が仲裁に入る事態に...


元イングランド代表のストライカー、アラン・シアラーは、14日の同一戦を「ホラーショー」と呼び、CBコンビを酷評した。
「あのプレーは起こるべくして起こった。彼らのパフォーマンスは失望させるものだった。シティは信頼できるオプションなしで今後数ヶ月を戦うことになる」とシアラーは『The Sun』で語っている。


アイメリク・ラポルテの負傷は約6ヶ月程と思われており、シティのCBの人材難は深刻な状況となっている。
グアルディオラはノリッジ戦後、「この状況に適応して解決策を見つける」と述べているが、現在、彼が持つ駒はストーンズとオタメンディの他に守備的MFのフェルナンジーニョのコンバートと若手選手を抜擢する事しかない。


すでにペップがこの問題を解決するために冬の移籍市場で補強を必要としていることはイングランド中で話題となっている。
まだ公に名前は挙がっていないが、シティの近年の補強路線を考えるとラ・リーガ・サンタンデールは再びチーム・スカイブルーの最高の釣り場となるだろう。

SPORT

最終更新:9/18(水) 7:54
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事