ここから本文です

パトレイバーのロボットも登場! 「ぼうさいモーターショー」開催

9/18(水) 16:01配信

MOTA

災害時に活躍する車が集う「ぼうさいモーターショー」開催

東京都江東区にある国営・都立東京臨海広域防災公園では、2019年9月23日に「ぼうさいモーターショー」を開催する。
パトカーや消防車両など災害時に活躍する車が公園内に大集合するほか、今年は特別企画として実写版映画「THE NEXT GENERATION パトレイバー」の展示も行う。

■大人も子供も楽しく防災を学べる! イベントの様子を画像で見る(18枚)

防災について考えるイベント

東京都江東区有明にある国営公園・都立公園が一体となった防災公園「国営・都立東京臨海広域防災公園」は、無料で防災体験学習ができる施設「そなエリア東京」があり、夏休みの自由研究や身の回りの防災について考える機会にぴったりの公園となっている。
2013年から始まり、2019年で第7回目となる「ぼうさいモーターショー」は、9月1日の「防災の日」および「防災週間」にあわせて、毎年9月に開催する大人気イベントだ。2018年は約1700名が来場した。
パトカーや消防車のほか、普段近くで見る機会が少ない災害時に活躍する車両が約25台集合し乗車体験や写真撮影などさまざまなプログラムを楽しめる防災イベントだ。

パトレイバーの実物大ロボットが展示

今回の「ぼうさいモーターショー」では、実写版映画「THE NEXT GENERATION パトレイバー」の本編に登場した実物大の警察用ロボット「98式AVイングラム」が公園に登場する。
実際に緊急時に活躍する車両と、「98式AVイングラム」を展示し、近未来の空想世界で活躍する警察用ロボット「98式AVイングラム」を象徴に、これからの時代の新しい「防災」について考えてもらうことを狙いとした特別企画だ。

自衛隊甲機動車や米軍車両も

公園内には、緊急時に活躍する特殊車両など約25台が集合し、各車両の前で記念撮影を楽しんだり一部車両では搭乗体験などが出来る。
過去の展示でも大人気だった「米海軍消防車両」や「自衛隊甲機動車」、「消防庁VR防災体験車」などもやってくる予定だ。

各種防災プログラムを無料で体験可能

当日体験できる防災プログラム(一部)
■東京消防庁:「VR防災体験」
■株式会社ニチボウ:「煙体験」「水消火器体験」
■飛鳥特装株式会社:「起震車体験」
■有限会社ケンテックシステムズ:「NSCパワーアッセンダー体験(宙吊り体験)」
■櫻護謨株式会社:「大型ブロアー体感」
■一般社団法人日本自動車連盟(JAF):「シートベルトコンビンサー(衝突衝撃体験)」※午前中のみ

「ぼうさいモーターショー」開催概要

■開催日:2019年9月23日
■時間:10:00~15:00 ※雨天決行・荒天中止
■会場:国営・都立東京臨海広域防災公園
■住所:東京都江東区有明3丁目8番35号
■アクセス
東京臨海高速鉄道りんかい線「国際展示場」駅より徒歩4分
ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線「有明」駅より徒歩2分

MOTA編集部

最終更新:9/18(水) 16:01
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事