ここから本文です

<高校野球>県大会の組み合わせ 浦学は徳栄ゾーン、共栄が昌平ゾーンに 庄和は暴力問題で辞退

9/18(水) 10:25配信

埼玉新聞

 21日に開幕する秋季埼玉県高校野球大会の組み合わせ抽選会が17日、上尾市のスポーツ総合センターで行われ、出場35校の組み合わせが決定した。

<高校野球>県大会の見どころ 徳栄が有力 昌平、共栄、浦学が続く 浦和実、聖望学園、埼玉栄なども追う

 抽選会では、本抽選の前に県大会出場校によるシード校(A、Bシード)を選ぶ投票を行い、今夏の全国高校選手権に出場した花咲徳栄が最多の27票で第1シードに決定。21票で並んだ春日部共栄と昌平は再投票の結果、昌平が第2シードとなった。Bシードは春日部共栄と16票の浦和学院が選出され、抽選により、浦和学院が花咲徳栄ゾーン、春日部共栄が昌平ゾーンに入った。

 引き続き各校の主将が予備抽選順にくじを引き、秀明英光が花咲徳栄、草加が昌平、川越工が浦和学院、城西大川越が春日部共栄とそれぞれ初戦の2回戦でぶつかることが決まった。また、県大会出場を決めていた庄和は部内の嫌がらせや暴力などの問題行為が発覚したため、出場を辞退した。

 大会は県営大宮など4球場で行われ、国体開催期間(28日~10月2日)の中断を挟み、決勝は10月6日、県営大宮で午前10時試合開始。上位2校が秋季関東大会(10月19~21、26、27日・群馬)に出場する。今大会の8強は、来年の春季大会で地区予選には出場せず、県大会から登場する。

 県大会は1回戦から有料で、一般500円、中高生200円。引率された少年野球・中学生チーム(引率者、保護者は有料)、障害者(障害者手帳の提示)と介添者1人、小学生以下は無料。

最終更新:9/18(水) 13:11
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事