ここから本文です

10・5「スマックダウン」でキングストンvsレスナーのWWE王座戦【9・17 WWE】

9/18(水) 14:54配信

TOKYO HEADLINE WEB

 WWE王者コフィ・キングストンと“野獣”ブロック・レスナーが同王座をかけて現地時間10月4日にカリフォルニア州ロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催される「スマックダウン」で激突することが決定した。

 この大会の模様は日本では10月5日にライブ配信される。これまでスマックダウンは日本時間の水曜日にライブ配信されていたのだが、10月から米国での放送スケジュールが金曜日になることから、それに伴いスマックダウンは金曜に開催。日本での配信も土曜日となった。

 キングストンは9月17日(現地時間)にジョージア州アトランタのステート・ファーム・アリーナで開催された「スマックダウン」に出場。オープニングでキングストン率いるニュー・デイとランディ・オートン&ザ・リバイバルが6人タッグ戦で激突した。

 試合はお互いの意地がぶつかり合う激しい攻防を展開。キングストンが因縁のオートンにSOSを決めれば、オートンはDDTからリバイバルと連携したスーパーRKOを狙う。しかし、ビッグEがオートンの足を引っ張って何とか回避すると、キングストンがトラブル・イン・パラダイスをドーソンに決めて3カウントを奪った。

 見事に6人タッグ戦に勝利したキングストンだったが、試合後に突如“野獣”ブロック・レスナーと代理人のポール・ヘイマンが登場。

 ヘイマンが「レスナーはFOXでの放送が始まる10月4日のスマックダウンでWWE王座に挑戦する」と王座挑戦を代弁すると、キングストンは「俺は闘う王者になるとファンに約束した。だからその挑戦を受ける」と王座戦を快諾した。

 この決定を喜んだレスナーは握手を求めるふりをして近づくとキングストンに豪快なF5を叩き込む。そして倒れ込んだキングストンにWWE王座ベルトを投げつけてリングを後にした。

最終更新:9/18(水) 14:54
TOKYO HEADLINE WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事