ここから本文です

無免許運転で追突 事故後、70代の母と車置いて徒歩で逃げる 容疑で男逮捕

9/18(水) 12:27配信

千葉日報オンライン

 千葉県警市川署は17日、自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、自称東京都江戸川区、会社員の男(38)を逮捕した。

 逮捕容疑は15日午後9時45分ごろ、市川市八幡2の国道14号で、無免許で乗用車を運転し、信号待ちで停止していた乗用車に追突。浦安市の男性会社員(30)と愛知県一宮市の男性会社員(31)に軽傷を負わせたまま逃走した疑い。

 同署によると、男の車には70代の母が乗っていたが事故後、車と母を置いて逃走した。男に免許取得歴はなかった。「無免許なので逃げた」と容疑を認めている。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)

最終更新:9/18(水) 13:53
千葉日報オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事