ここから本文です

バルベルデがメッシ復帰戦となったCL初戦を総括「苦しめられた」

9/18(水) 10:48配信

SPORT.es

エルネスト・バルベルデは試合後、チャンピオンズリーグの最初の試合を総括し、FCバルセロナがドルトムントから「苦しめられた」とコメント。テア・シュテーゲンの活躍のおかげで0-0を維持した同試合を終え、バルサコーチ陣らは、チームは攻撃面を改善しなければならないと述べている。

インスタの投稿で罰則を受けているネイマールに新展開


「複雑なゲームだった。ホーム戦でのボルシア・ドルトムントのポテンシャルについてはすでに知っていたので、我々は驚かなかったが、特に彼らとの対戦で何度もピンチを迎え、苦しめられたことは否定できない。ポスト、ペナルティ......何度も攻撃を受けたが、マーク(テア・シュテーゲン)のおかげでこのような瞬間を乗り越えた」と、バルサのコーチ陣が試合についてコメントした。


監督バルベルデは、彼らのメッセージを受け、チームが攻撃面で上手くいかなかったことに焦点を当てている。

「試合のいくつかのフェーズでボールをキープしたが、得点のチャンスがなかった。我々はより縦の体制でいられなかった。我々は相手からのプレッシャーにうまく適応していれば、うまくやっていけるチーム。今日はうまく調整できていない」と彼は説明した。


加えて同監督は、「ゴールチャンスを得るためのゲームをつくりだすのに時間がかかり、これではチャンスがゴールを与えてくれるのを待っているかのようだ。ボルシアは今日、チャンスが増えてバランスが不均衡なところがある」と語り、「もっと深く分析する必要がある。最終段階で改善する」と言った。


バルベルデの正確な分析にもかかわらず、コーチらはバルサが経験する特別な状況での試合に位置付けたかったようだ。

「ルイス・スアレスの最初の完全試合であり、メッシの最初の公式試合30分でした......私たちは一緒にプレーし、お互いをよりよく知るためにトッププレイヤーが必要です」とコーチ陣らが述べた。


また、メッシの今季デビュー戦について、バルベルデはプラスの評価だけを話している。

「彼はプレシーズンの経験がなく、4~5回のトレーニングセッションにしか参加していない。だが彼はすでに多くのことを経験している。彼は蓄積したわずかなトレーニングだけで、信じられないペースでのプレーをした」

SPORT

最終更新:9/18(水) 10:48
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事