ここから本文です

出てくるだけで館内騒然の大人気! 小兵・炎鵬が元大関に快勝で横綱級の大歓声

9/18(水) 17:11配信

AbemaTIMES

<大相撲秋場所>◇十一日目◇18日◇東京・両国国技館

 前頭十一枚目・炎鵬(宮城野)が、元大関の前頭七枚目・琴奨菊(佐渡ヶ嶽)を寄り切りで下し、2場所連続勝ち越しに王手をかける7勝目(4敗)を挙げた。

【中継映像】炎鵬に送られる大歓声

 100キロ未満の小兵ながら、堂々と幕内での土俵に上がり続ける炎鵬に、この日も呼び出しに名前を呼ばれた時点で、館内から「炎鵬!」と大歓声。中継していたAbemaTVの視聴者からも「声援すげぇ」「炎鵬女子が増えている」と、あまりの歓声の大きさに驚きの声が続いていた。

 元大関の実力者に対して、素早く懐に潜り込むと、左下手を差しつつ、右でもまわしを引き、反撃を遮断。最後は、お手本のような寄り切りで、小さな体ながらスケールの大きい勝ちっぷりを見せた。この勝利に、ファンからの歓声は最高潮に。まさに“横綱級”の人気ぶりを見せていた。

 AbemaTVで解説を務めた元幕内・北太樹の小野川親方は「拳さえも入れさせないように、脇が締まっていました。立ち合いもうまく取りました」と、技術面を高く評価していた。

最終更新:9/18(水) 17:11
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事