ここから本文です

【CLグループB展望】二強二弱でバイエルンとトッテナムの首位争いに注目か…

9/18(水) 19:31配信

GOAL

グループBは二強二弱と言える構図のグループとなった。ポット1からはバイエルン・ミュンヘン、2からは昨季ファイナリストのトッテナムが入り、予選から勝ち上がったオリンピアコスとツルヴェナ・ズヴェズダがグループに彩りを加えている。
(※文中のオッズは『Sky Bet』、17日午後現在)

本命:◎トッテナム(グループ首位突破オッズ:2.4倍)

昨季の実績を考慮すれば、ポット2ながら、トッテナムをグループの「本命」に推したいところだ。

今夏は主力選手の放出はほとんどなく、タンギ・エンドンベレやジョヴァンニ・ロ・チェルソといった欧州でも通用する若きタレントを加えている。ハリー・ケインやクリスティアン・エリクセン、ソン・フンミンといった主力も健在で、順当に行けば首位での決勝トーナメント進出が見込まれる。

もっとも、不安材料がないわけではない。選手の出入りが少なかった中で、プレミアリーグ開幕5試合で勝ち点8と、スタートダッシュとはいかなかった。さらに、目玉補強であったエンドンベレとロ・チェルソがともに負傷離脱を強いられるなど厳しい台所事情に直面している。就任6シーズン目で“マンネリ”も危惧されるマウリシオ・ポチェッティーノ監督にとって真価の問われる戦いになるだろう。

対抗:◯バイエルン(グループ首位突破オッズ:1.7倍)

言うまでもなく、対抗馬はバイエルン・ミュンヘンだ。昨季は優勝を果たしたリヴァプールの前にラウンド16で屈したが、本来は準決勝進出を視野に入れるべきクラブだけに、グループステージでつまずくわけにはいかない。

今夏はバックラインにリュカ・エルナンデス、バンジャマン・パヴァールといった若手、前線にはフィリペ・コウチーニョやイヴァン・ペリシッチといった実績ある選手を加えた。それぞれすでに出場機会を得ており、適応も順調。ハメス・ロドリゲスやフランク・リベリ、アリエン・ロッベンらスター選手が去っていったことを考慮しても、戦力は上積みされたと言えるだろう。

シーズン開幕前のドイツ・スーパーカップではドルトムントの前に0-2と苦杯をなめたが、以降は無敗。ブンデスリーガ開幕3試合では11ゴールを記録し、そのうちの6得点をロベルト・レヴァンドフスキが奪うなど31歳のエースも好調を維持している。昨季はリヴァプールに打ち砕かれ、ライバルのドルトムントはトッテナム、シャルケはマンチェスター・シティの前に沈んだ。今季はドイツ勢で唯一イングランド勢と同居しているだけに、強大な資金力を持つプレミアリーグに対して一矢報いる戦いを期待したいところだ。

1/2ページ

最終更新:9/18(水) 19:31
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事