ここから本文です

木村カエラ、メジャーデビュー15周年で初!朝の新情報番組のテーマソングを担当

9/18(水) 7:00配信

E-TALENTBANK

木村カエラが、TBSで9月30日(月)からスタートする朝の新情報番組『グッとラック!』からオファーをうけ、新たに書き下ろした楽曲でテーマソングを担当することが決定した。

リクルート「ゼクシィ」のCMソングとして大ヒットした「Butterfly」や、2017年に起用され、好評につき現在もタイアップとして使用されているJRAのCMソング「HOLIDAYS」など、デビューから15年で50以上のタイアップ曲を世に送り出してきた木村カエラだが、意外にも朝の情報番組でのタイアップは初!

『グッとラック!』のために書き下ろした新曲「おはようSUN」は、「日々忙しくても近くにある大切なものを忘れないように」とメッセージを込めて木村カエラが作詞を担当。

作曲は、キャスティングに拘りのある木村カエラらしく、7月に1stアルバムをリリースしたばかりで、急速な進化を遂げている大注目のバンド、ズーカラデルのGuitar&Vocal:吉田崇展を迎えている。

10月からは15周年アルバム「いちご」のリリースを記念したライブハウスツアーが始まる木村カエラ書き下ろしよる新曲が、新番組を華やかに彩り、視聴者の気持ちを明るくさせてくれることだろう。

【木村カエラ コメント】
朝番組のテーマソングを担当するのは初めてで、
お話をいただいた時、とてもワクワクしました。
月曜日から金曜日まで、毎日聴いていただけるということで、
1日の始まりを気持ちよく迎えられるような楽曲を作れたらと思い、作っていきました。
慌ただしくすぎていく毎日の中で、身近にある大切なものを忘れてしまわないように、朝を知らせてくれる太陽、
そして近くの大事な人の姿を重ねて歌詞を書きました。
この曲で、皆さんの朝が気持ちよく迎えられるよう願っています。

株式会社イータレントバンク

最終更新:9/18(水) 19:19
E-TALENTBANK

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事