ここから本文です

元BリーガーやNBA経験者、W杯出場選手も登場…テリフィック12が開幕

9/18(水) 1:54配信

バスケットボールキング

 9月17日にマカオで「The Terrific 12(テリフィック12)」が開幕。Bリーグ勢を除く4試合が行われた中、元Bリーガーや元NBA選手なども試合に登場した。

 ソウルSKナイツ(韓国)vsブラックウォーターエリート(フィリピン)の第1試合では、2018-19シーズンに滋賀レイクスターズとライジングゼファー福岡で計25試合に出場したマーカス・ブレイクリー、2018年12月から昨季終了まで横浜ビー・コルセアーズでプレーしたアーサー・スティーブンソンの2人がブラックウォーターの一員として出場。ブレイクリーは前半終了時点でファウル3つと苦しんだものの、試合をとおして14得点5リバウンド5アシスト3スティールとオールラウンドぶりを発揮し、スティーブンソンは22得点22リバウンドの活躍でゴール下を支配した。

 浙江ライオンズ(中国)戦に現れたのは、Gリーグのメンフィス・ハッスルで渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ)とともにプレーし、現在は全州KCCイージス(韓国)に所属する180センチ73キロのマーカス・キーン。司令塔としてチームを引っ張り、敗れはしたものの28得点4アシストと気を吐いた。

 中でも、遼寧フライングレパーズ(中国)のランス・スティーブンソンには多くの注目が集まった。NBA通算508試合の出場を誇り、昨シーズンはロサンゼルス・レイカーズでレブロン・ジェームズのチームメート。中国に新天地を求めた男はTNTトロパン(フィリピン)戦に先発出場し、積極果敢なドライブや豪快なダンク、正確なフリースローなどで31得点をマークした。

 さらに、「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」のチュニジア代表センター、サラ・メジリも遼寧の一員として登場。2015-16シーズンから昨季までダラス・マーベリックスでプレーしたビッグマンはリバウンド、ブロックなど献身的な動きを見せ、チームを勝利に導いた。

 なお、18日から日本の4チームが出場する。

BASKETBALL KING

最終更新:9/18(水) 1:56
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事