ここから本文です

【CLグループ開幕節プレビュー②】PSGvsレアル・マドリー、アトレティコvsユーベ開催!

9/18(水) 18:00配信

超WORLDサッカー!

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ開幕節の8試合が18日に開催される。ここではA~Dの開幕節のマッチプレビューを紹介していく。

★CLグループステージ開幕節
▽9/18(水)
《25:55》
◆グループA
クラブ・ブルージュ vs ガラタサライ

◆グループB
オリンピアコス vs トッテナム

《28:00》
◆グループA
パリ・サンジェルマン vs レアル・マドリー

◆グループB
バイエルン vs ツルヴェナ・ズヴェズダ

◆グループC
シャフタール vs マンチェスター・シティ
ディナモ・ザグレブ vs アタランタ

◆グループD
アトレティコ・マドリー vs ユベントス
レバークーゼン vs ロコモティフ・モスクワ

◆グループA:突破候補のPSGとマドリーが激突、K・ナバスの古巣対決に注目

初戦でグループ突破候補のパリ・サンジェルマンとレアル・マドリーが激突する。PSGは直近のリーグ戦でFWネイマールが復帰し、見事なバイシクル弾の決勝ゴールを決めた。しかし、そのネイマールは出場停止で、FWムバッペが負傷で欠場となる中、FWカバーニが何とか負傷から戻れそうな状況。とはいえ、攻撃陣の枚数は足りず、直近のストラスブール戦で途中出場デビューを飾ったFWイカルディに期待を懸けたい状況だ。また、レアル・マドリーの3連覇に貢献したGKケイロル・ナバスの古巣対決にも要注目したい。

対するレアル・マドリーも負傷者を多数抱えている。MFモドリッチ、MFアセンシオらに加え、直近のレバンテ戦ではDFマルセロが新たに負傷。一方で負傷によりデビューが遅れていたFWアザール、MFハメス・ロドリゲスがレバンテ戦でそれぞれ復帰し、いずれも好パフォーマンスを見せ、チームのリーガ2勝目に貢献した。ディフェンスリーダーのDFセルヒオ・ラモスが出場停止となる中、代役を担う新戦力のDFミリトンのパフォーマンスにも注目だ。

DF長友の所属するトルコ王者ガラタサライは、ベルギーリーグ2位のクラブ・ブルージュとアウェイで対戦する。直近のリーグ戦ではFWファルカオがデビュー戦で決勝ゴールを決める活躍を見せ、トルコリーグでは2勝1分け1敗スタートとしたガラタサライ。日本代表でも健在ぶりを示している長友は、左サイドバックのレギュラーとしてクラブ・ブルージュ戦でも先発見込みだが、勝利して2強への挑戦権を手に入れられるか。ファルカオと共に注目したい。

◆グループB:スパーズとバイエルンは格下との初戦

グループBでは突破候補の昨季CL準優勝トッテナムと、バイエルンがそれぞれ格下と対戦する。トッテナムはギリシャリーグ2位のオリンピアコスとアウェイで対戦。直近のリーグ戦ではクリスタル・パレス相手に前半で4ゴールを奪い、余裕をもってオリンピアコス戦に臨める状況だ。パレス戦で躍動したFWソン・フンミンの引き続きの活躍に期待だ。

バイエルンはDFデゲネク擁するセルビア王者ツルヴェナ・ズヴェズダとホームで対戦する。直近のライプツィヒ戦ではエースのFWレヴァンドフスキが開幕4戦連発弾を決めたものの、軽率なPK献上で1-1の引き分けに終わった。ブンデスリーガでは2勝2分けスタートとやや躓いた中、グループ最弱とみられるツルヴェナ戦を制し、次節トッテナム戦に臨みたい。

◆グループC:センターバック・クライシスのシティはシャフタールと、アタランタがCL初試合

グループCでは突破候補の本命であるマンチェスター・シティが、昨季もグループステージで対戦し、連勝したシャフタールと敵地で対戦する。シティは直近のノリッジ戦でまさかの敗戦。今季初黒星を喫した。守備の要であるDFラポルテの長期離脱が改めて痛いことを痛感させられる結果となり、DFストーンズも新たに負傷した中、グアルディオラ監督がどのようなメンバーで守備陣を構成するかに注目だ。

そしてアタランタがCL初試合に臨む。知将ガスペリーニ監督の下、昨季セリエAで3位と躍進したアタランタは、U-21欧州選手権優勝に貢献したスペイン人MFダニ・オルモ擁するディナモ・ザグレブとアウェイで対戦する。シャフタールとの突破争いになることが見込まれる中、最弱とみられるディナモ・ザグレブ戦は必勝を期したい。

◆グループD:突破候補のアトレティコとユーベが激突

グループDでは昨季ベスト16で対戦した突破候補のアトレティコ・マドリーとユベントスが初戦で激突する。アトレティコは直近のレアル・ソシエダ戦こそ敗れたものの、リーガで3勝1敗と好スタートを切った。FWグリーズマンやDFゴディン、MFロドリといった主軸が移籍したものの、新星FWフェリックスが大当たりの予感で攻撃陣が活性化している。初戦でユベントスを叩き、グループを優位に進めたい。

一方、サッリ監督が肺炎から復帰したものの、直近のフィオレンティーナ戦ではFWドグラス・コスタやMFピャニッチら負傷者を出した中、低調な内容で何とかゴールレスドローに持ち込んだイタリア王者ユベントス。敵地であることから引き分けでも十分だが、主将DFキエッリーニの代役を務めるDFデ・リフトがフェリックスを抑え込めるのかに注目だ。

2強が潰し合う中、レバークーゼンはMFジョアン・マリオを獲得したロシア王者ロコモティフ・モスクワとホームで対戦する。レバークーゼンは直近のドルトムント戦で0-4と惨敗し、ブンデス初黒星を喫した。ドルトムントの強力攻撃陣の前に守備に課題を残した中、CL初戦で立て直しを図れるか。

超WORLDサッカー!

最終更新:9/18(水) 18:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事