ここから本文です

金沢MF窪田稜、右足関節外側じん帯損傷で全治1カ月

9/18(水) 11:15配信

超WORLDサッカー!

ツエーゲン金沢は18日、MF窪田稜が右足関節外側じん帯損傷と診断されたことを発表した。全治は4週間。

クラブの発表によれば、窪田は14日に行われた明治安田生命J2リーグ第32節のFC琉球戦で負傷した。

窪田は2019年に成立学園高校から金沢に入団。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグで11試合に出場していた。

超WORLDサッカー!

最終更新:9/18(水) 11:15
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事