ここから本文です

米軍、民間港の使用中止 市民100人とにらみ合い10時間 沖縄・本部港

9/18(水) 6:10配信

沖縄タイムス

 在沖米海兵隊は17日、沖縄県の伊江島でのパラシュート降下訓練に使う大型の救助用ゴムボートを本部港から出港させようとしたが、反対する市民らがゲート前で抗議して港内への搬入を阻止したため、港の使用を中止した。海兵隊は民間港である本部港の使用について「地域への影響を考えた」と説明している。

 河野太郎防衛相は同日の会見で、従来よりも大型の救助用ボートが導入されることで、降下訓練が天候や海象の影響を受けづらくなり、日米で合意されている伊江島補助飛行場に集中するという認識を示した。

 午前7時前、米軍車両にけん引された長さ約10メートルのボートが本部港に着いたが、市民ら約100人がゲート前に座り込み、搬入を阻んだ。車両は午後4時40分に同港から撤退した。

 在沖米海兵隊は本紙の取材に対し、「本部港を使わない場合、救助用ボートはキャンプ・シュワブから(より移動距離の長い)嘉手納マリーナ経由で伊江島に向かうが、基地間の移動は一般道を使った陸送になる」と説明し、「地域への影響を念頭に置いて、本部港の使用を計画した」と回答した。

 17日は悪天候を理由に降下訓練を中止したが、船を海上から嘉手納マリーナに向かわせるために本部港の使用を試みたという。今後の同港の使用は未定とした上で「(使用する場合は)地域への影響を軽減するため、訓練前に適切な調整をする」との考えを示した。

 米軍は「例外的な場合」を除き、伊江島で降下訓練するとしているが、悪天候などを理由に、嘉手納基地での訓練を繰り返している。河野太郎防衛相は会見で、「このボートがあれば、今まで以上に嘉手納ではやらず伊江島でやることができる」と強調した。

 県の金城典和基地対策統括監は同日、海兵隊側に口頭で港の使用自粛を要請。沖縄防衛局にも米軍に自粛を働き掛けるよう求めた。これに対し、防衛局は「米軍艦船は地位協定で日本の港湾の出入りが認められている」として、自粛は申し入れていない。

最終更新:9/18(水) 8:45
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事