ここから本文です

レッドブル・ホンダF1のフェルスタッペン「シンガポールでは上位で戦いたい。予選をうまく決めて最大ポイントを目指す」

9/18(水) 7:33配信

オートスポーツweb

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、今週末のF1第15戦シンガポールGPの舞台となるマリーナベイ・ストリート・サーキットは大好きなコースであり、最大限のポイントをつかむことを目指していると語った。

【関連写真】2018年F1シンガポールGP表彰台。フェルスタッペンは2位を獲得

 フェルスタッペンは、サマーブレイク明けのベルギーではスタート直後の接触で0周リタイア、イタリアではパワーユニット(PU/エンジン)交換により19番グリッドからスタートして8位と、この2連戦は上位争いをできずに終わった。

 しかしシンガポールは例年レッドブルが得意としているレースであり、2010年から連続して表彰台を獲得している。

「素晴らしいトラックだし、街の夜景も最高だ。ライトの下で走るのは楽しい。このレースのひとつの個性だし、通常のレースとはかなり違うから、毎年週末をエンジョイしているんだ」とフェルスタッペンは語る。

「要求の高いトラックだよ。暑くて汗だくになり、体力的にきつい。だけど大好きなサーキットのひとつだ。コーナーが多く、高速、低速に加えてランオフがほとんどない中速コーナーも備えた、多様性のあるサーキットだ。また今年走るのが楽しみだよ」

 マリーナベイでレッドブルは12回の表彰台獲得経験があり、2018年にはフェルスタッペンが2位を獲得した。今年もいいパフォーマンスを見せたいとフェルスタッペンは意気込んでいる。

「例年、モンツァやスパよりも僕らとの相性はいい。今年もいい週末になるといいね。オーバーテイクがとても難しいから、予選がカギになる。うまく決めなければならない」

「今回は通常のレースウイークエンドを過ごせると思うから楽しみにしているんだ。前回と違って後方スタートにはならないと思うからね。グリッド後方からだとレースが簡単ではなくなる」
「最大限のポイントを獲得することを目指していくよ」


[オートスポーツweb ]

最終更新:9/18(水) 7:35
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事