ここから本文です

【MLB】米名物実況が語る大谷、数々の記録達成に重なる天才の姿 「若き日のトラウトを…」

9/18(水) 7:20配信

Full-Count

「ビッグフライ、オオタニサーン!!!」の名台詞でお馴染みのビクター・ロハス氏に独占インタビュー

 エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)にロサンゼルス市内の病院で左膝の「分裂膝蓋骨」の手術を受け自身の今シーズンは終了した。今季は昨季に受けた右肘手術の影響もあり打者1本に専念し106試合に出場して打率.286、18本塁打62打点の成績を残した。

【写真】「2人の天使だ」とファン大絶賛! 米有名人気“美人”レポーターが大谷翔平の腰に手を回し…笑顔2ショット写真を公開

 この度、Full-Countでは「ビッグフライ、オオタニサーン!!!」の名台詞でお馴染みの米スポーツ局「FOXスポーツ・ウエスト」でエンゼルス戦の実況を務めるビクター・ロハス氏に独占インタビューを行い、メジャー2年目を終えた大谷翔平について語ってもらった。

――日本、アメリカでも衝撃が走った大谷の手術。打者に専念しどれだけの成績を残すのか、大きな注目が集まっていただけにシーズン中の離脱は残念なニュースになった。

「テキサスの家で息子の誕生日を祝っているときに球団からメールをもらって知ったんだ。そんな情報は全く予想していなかったから、少し驚いたよ。八月後半くらいに少し打撃に関して苦しんでいたけど、最近は調子も上がってきて、本塁打も打っていた。走るのも問題無さそうだった」

――来年は二刀流復活にも期待がかかる。

「まだ数週間シーズンが残っている状態で離脱するのは残念だ。だけど大事なのは彼をスプリングトレーニングまでにマウンドに戻してやることだから、このタイミングでの手術は彼のためを思えば仕方ないと思う」

――9月11日(同12日)のインディアンス戦では自己最速の打球速度114マイル(約183キロ)を記録した18号ソロを放ちメジャー通算40号をマークした。

「彼は大きいアーチを描くタイプのバッターだから、あのライナーには驚いた。彼がいかに優れた才能を持っているかを示していたね。軸足となる足を怪我していながらあそこまで打てるのは天性のものだと思う。7月あたりからたまに見受けられた、少し変なスイングも、膝の影響があったのかもしれないと納得したよ。彼自身ごまかしながらやってきたのかもしれない。怪我を知って納得がいったよ」

1/2ページ

最終更新:9/18(水) 7:20
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10/18(金) 8:20

あなたにおすすめの記事