ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ、衝撃の奪三振ショー 初回3失点も4回まで11K、8連続は球団新記録

9/18(水) 10:28配信

Full-Count

本拠地レッズ戦で先発した

■カブス – レッズ(日本時間18日・シカゴ)

 カブスのダルビッシュ有投手は17日(日本時間18日)、今季7勝目を目指して本拠地のレッズ戦で先発。初回に7球で先取点を献上するなど3失点したが、2回1死からカブスの球団記録を更新する8連続三振をマークし、4安打3失点と力投を見せている。

【動画】ダルビッシュの復活奪三振ショーに米記者も感嘆…「美しいカーブ」と称賛された“芸術的”なボールの軌道

 初回。先頭・バンメーターに2ボール2ストライクからの6球を中前打とされると、ボットに初球を右翼線適時二塁打とされた。9月初失点で3試合ぶりの失点となった。

 1死後、アキーノには甘く入ったフォーシームを痛打されて、左中間16号2ランを被弾した。初回のアウトをすべて三振で奪ったが、苦しい立ち上がりとなった。

 2回からは圧巻だった。先頭のペラザを中飛に打ち取ると、続く投手グレイから8者連続三振を奪った。4回までの12アウトのうち11アウトを三振で奪う圧巻の投球を見せている。

 ダルビッシュは前回12日の敵地パドレス戦で6回2安打無失点。6勝目を挙げていた。今季は試合前まで29試合登板、6勝6敗、防御率3.97。

Full-Count編集部

最終更新:9/18(水) 10:37
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事