ここから本文です

【MLB】前田、2年ぶり10勝も救援転向で喜び半減?「もう関係ない。いいんじゃないですか」

9/18(水) 15:40配信

Full-Count

本拠地レイズ戦で7回途中から1イニングを3安打3失点「切り替えてやるしかない」

■ドジャース 7-5 レイズ(日本時間18日・ロサンゼルス)

 ドジャースの前田健太投手は17日(日本時間18日)、本拠地のレイズ戦の7回途中から7番手として救援。1イニングを投げて3安打3失点だったが、今季10勝目(8敗)を挙げた。先発から救援転向後の10勝目到達に「もう関係ないと言ったら関係ないですけど。まぁいいんじゃないですか」と淡々と振り返った。

【画像】前田健太と同席の早穂夫人は和服姿、一方で同僚のピーダーソンのジャケットには「これはあかん」…チャリティーイベントの実際の写真

 2-2で迎えた7回2死から救援した。代打の代打・ローをカーブで左飛に打ち取った。シーガーの勝ち越し2点二塁打、ベリンジャーの適時二塁打などで一挙5点を勝ち越した8回も続投。先頭・ファムを見逃し三振に仕留めたが、メドーズに左翼二塁打を許すと、続くダーノーに右前適時打を献上。2死後、代打のアギラルに右中間12号2ランを浴びた。「ちょっと甘く行ってしまったのがもったいなかったですね。もうちょっと慎重にいっても良かったかもしれない」と反省した。

 1回1奪三振無四球、3安打3失点。防御率4.18となった。7回1死二、三塁の打席では送りバントに失敗して捕邪飛に倒れた。「打席に立たないと難しいですね。しばらく練習も試合も打席に入ってないので難しいですね、さすがに。練習しないといけないですね」と振り返った。

 前田の後を受けた守護神・ジャンセンがリードを守り、今季30セーブ目。チームは7-5で逃げ切り勝ちして2連勝となった。8日のジャイアンツ戦からの連続試合無失点も「3」で止まった前田は、「切り替えてやるしかないと思うので切り替えてやります」と前を向いていた。

盆子原浩二 / Koji Bonkobara

最終更新:9/18(水) 20:44
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事