ここから本文です

鷹、V遠のく3連敗 投打噛み合わずに西武のマジックは「6」に 楽天は3位ロッテに0.5差

9/18(水) 22:02配信

Full-Count

先発の高橋礼が踏ん張れずに6回途中5失点、打線も2回以降は沈黙

■楽天 6-2 ソフトバンク(18日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが痛恨の3連敗を喫し、2年ぶりのリーグ優勝が遠のいた。18日、本拠地ヤフオクドームでの楽天戦。初回にいきなり2点を先制されると、6回に投手陣がつかまって勝ち越された。勝負の終盤戦で痛い3連敗。首位西武は勝利。その差は2ゲームに広がり、西武のマジックは2つ減って「6」となった。

【写真集】藤田ニコル似や筧美和子似と今年も “美女”だらけ…ヤフオクドームを彩る球場の華、売り子美女ギャラリー

 今季11勝をマークしている先発の高橋礼が踏ん張れなかった。初回、浅村とブラッシュに連続適時打を浴びて2点を先制された。2回以降は走者を出しながら踏ん張っていたが、6回に崩れた。

 先頭のブラッシュに四球を与えると、銀次には左前安打を浴びた。無死一、二塁のピンチで打席には藤田。その2球目だった。藤田はバスター。バントを警戒してチャージをかけた一塁の内川を襲う痛烈な打球となり、右前へと抜けた。二塁走者が一気に生還して勝ち越しを許した。

 さらに、続く渡辺佳のセーフティースクイズが犠打野選となり、この回2点目。さらに3番手の嘉弥真が島内に中前適時打を許して、この回3点を失った。7回には高橋純も1点を失ってリードを広げられた。

 打線は2点ビハインドとなった初回、1死満塁でグラシアルが右中間フェンス直撃の適時打。さらに相手の悪送球も絡み、すぐさま同点に追いついた。だが、2回以降は楽天先発の美馬から宋家豪、ブセニッツ、森原、松井のリレーに抑え込まれて反撃できなかった。

 楽天は初回に浅村、ブラッシュの連続適時打で先制。6回には藤田のバスターが適時打になって勝ち越すと、渡辺佳のスクイズ、島内の適時打などでリードを広げた。先発の美馬は5回6安打2失点で8勝目。2連勝で3位ロッテとの差を0.5ゲーム差に縮め、19日の直接対決に臨むことになった。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

最終更新:9/18(水) 22:34
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事