ここから本文です

C・ロナウドが告白「アーセナルに移籍しそうだった。ベンゲルに感謝」

9/18(水) 13:59配信

ゲキサカ

 ユベントスに所属するFWクリスティアーノ・ロナウドがかつて、マンチェスター・ユナイテッドではなく、アーセナルに移籍しそうだったことを告白した。英『ミラー』元編集長のジャーナリスト、ピアース・モーガン氏とのインタビューの中で語っている。

 過去にアーセナルの前監督アーセン・ベンゲル氏はロナウドを狙い、獲得に失敗したと語っていた。2003年にロナウドがスポルティング・リスボンからユナイテッドに移籍した際、アーセナルもロナウドに関心を示していたという。

 C・ロナウドはモーガン氏とのインタビューでアーセナル移籍に関する質問が出ると、「そうだね。アーセナル移籍に迫っていたが、最終的には実現しなかった」とし、「アーセナルとベンゲル監督に感謝しているよ。アーセナルは素晴らしいクラブだ」と続けた。

最終更新:9/18(水) 14:28
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事