ここから本文です

バルサ救ったGKテア・シュテーゲン「PKを止められる予感がした」

9/18(水) 17:09配信

ゲキサカ

 バルセロナのGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンは、UEFAチャンピオンズ・リーグ(欧州CL)のドルトムント戦でPKをストップし、チームを救った。スペイン『マルカ』が伝えている。

 試合後のインタビューで、テア・シュテーゲンは「PKを止められる予感がした」と振り返っている。「僕らは組織として十分にプレーできなかった。クオリティのあるチームが相手だったから、それを避けるのは難しい。勝ち点1が取れたことを喜びたい」。

  ドルトムントの攻勢に苦しんだバルサは後半10分にPKを献上。それでも、FWマルコ・ロイスのキックはコースを読んだテア・シュテーゲンがストップし、ピンチを救った。攻撃陣は不発に終わったが、試合はスコアレスドロー。アウェーで辛くも勝ち点1を奪取した。

 殊勲の活躍を見せた守護神は「PKについて? 研究するのは難しい。ロイスはいつも変えてくるから。(あっちに飛ぶ)予感がしていた。セーブすることができて嬉しいよ」と語った。

「みんなは僕が何をできるのか、よくわかっている。僕は自分を信じているし、今日はそれを証明する場だった」

「みんな良いプレーをしていた。改善するべき点は残っているけどね。僕らは勝ち点1を稼いだ。どちらのチームにとってもフェアな結果だと思う」

最終更新:9/18(水) 17:09
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事