ここから本文です

フェイスブック、独立したコンテンツ監視委員会を設置へ 

9/18(水) 13:24配信

BBC News

デイヴ・リー北米テクノロジー記者

米フェイスブックは17日、独立した「監視」委員会を設置し、サービスの健全化に対する決定権を与える計画を明らかにした。

この委員会は2020年から「案件」に取り組む予定で、議論になったコンテンツに対するフェイスブックの決定に介入できるほか、今後の方針にも影響を与える。

フェイスブック最高裁判所とも呼ばれるこの委員会は、まずは少人数から始まるものの、ゆくゆくは世界各国から40人が参加することになるという。

ただ専門家の間ではすでに、設置の動機や、その独立性に対する疑問が出ている。

英オックスフォード大学インターネット研究所に所属するバーニー・ホーガン氏は、「フェイスブックに裁判所はない」と指摘。「実際に重視されるのは、筆頭株主のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)による投票だけだ」と述べた。

「フェイスブック『最高裁判所』は、市民への責任なしに、実際の司法手続きの儀礼的側面をすべて行うものだ」とホーガン氏は問題視している。

フェイスブックによると、委員会は少なくとも委員11人で発足する予定で、熟慮の上で選ばれた委員の顔ぶれもじきに発表されるという。また、委員の報酬はフェイスブックが設置したトラストから前払いで支払われる。

ザッカーバーグCEOは発表に際し、「我々には毎日、企業の方針を実行する責任があり、コンテンツについて毎週、何百万もの判断をしている。しかし私は究極的には、我々のような民間企業が言論について、これほどたくさんの重要判断をすべきではないと考えている」と話した。

■委員会の仕組みは? 

フェイスブックはこの日に発表した綱領の中で、委員会の運営方法を明らかにした。それによると、委員会の目的は以下の通り。


・コンテンツに関するフェイスブックの判断を監督する
・必要な場合はフェイスブックの決定を覆す
・フェイスブックの外で、独立機関として機能する

委員会には、フェイスブックがすでに行っているモデレーション(コンテンツの内容確認)の仕組みで対応しきれなかった案件が提出される。どの案件を提出するかはフェイスブックが選ぶが、その中で何を取り扱うかは委員が決定する。

また、委員会が扱うのは1年に「十数件」だけで、それぞれで「公共の最大の利益」をもたらす明確な決定を行うよう注力してもらうという。

案件に関係するユーザーは書面で意見を述べることができるが、フェイスブックはユーザーに「直接会って」話を聞きたいという委員もいるかもしれないとしている。

ザッカーバーグ氏は、「私を含めたフェイスブック関係者が反対しても、委員会の決定には拘束力がある」と説明した。

「委員会はプライバシーに考慮した方法で決定を周知し、決定に至った理由を公に説明する」

綱領には、委員会の助言が技術的に実行不可能な場合についての但し書きもついている。

また、将来的には他のソーシャルメディア企業も参加できるようにしたいとしている。

■なぜ委員会を設置する? 

フェイスブックは何より、現時点で自分たちが握る権限が欲しくないのだ。少なくとも、自分たちが手にしている権限ゆえに集めてしまう世間の目が、いらないのだ。

フェイスブックは、人と人をつなぐ過去最大のネットワークだ。そのプラットフォーム上に何を載せるか決める権限は、フェイスブックにある。しかしその力のおかげで、同社はしきりにトラブルに見舞われてきた。特に本国アメリカではその度合いが強まっている。

フェイスブックが置かれている苦しい立場を示すケースが、最近もあった。人工妊娠中絶反対の動画について、フェイスブックが外注する独立ファクトチェック・グループが不正確な内容を問題視したため、フェイスブックはこの動画を削除した。しかし、共和党の上院議員4人がザッカーバーグ氏に直接抗議し、フェイスブックは保守的な考え方に対して偏向していると申し入れたため、動画はふたたび閲覧できるようになった。

将来的には、こうした案件はフェイスブックの権限が直接およばず、フェイスブックの方針を覆す権限を持つ委員会が取り扱うことになる。しかし専門家は、こうした措置を取ってもフェイスブックはなお多くの批判にさらされるだろうと指摘する。

オックスフォード大学のホーガン氏は、「委員会設置によって、何か対策を取ろうとしているように見えるが、実際に変化をもたらすにはわずかに不十分だ」と指摘した。

「この措置は、批判に対して、『放っておいてくれ、できることはしているから』と言うための方便だ。こうした委員会はほめられるべきだが、組織化された荒らし行為や、幅広い組織的な問題にはとてもかなわない」

(英語記事 Facebook unveils its plan for oversight board)

(c) BBC News

最終更新:9/18(水) 13:24
BBC News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事