ここから本文です

「動画で会える」Vチューバー、アイドルより人気-海外進出も

9/18(水) 6:00配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 架空のアニメキャラクターがネット上で現実のアイドルのように活動するバーチャルユーチューバー(Vチューバー)。本物のアイドルをしのぐ人気者も登場する中、ネットを通じてファンと双方向のやり取りができる点が受け、海外進出も始まっている。

「はいどうもー!」と登場するのは、元祖Vチューバー「キズナアイ」。2016年12月に活動を開始した。得意の歌や踊りに加え、自らがビデオゲームで遊ぶ実況中継などでファンを増やしてきた。ユーチューブ上に持つ2つのチャンネルの登録者数は400万人超。実在の人気アイドルグループAKB48の236万人を上回る。

3月に配信されたキズナアイのシングル「AIAIAI」のミュージックビデオでは、キズナアイが人間のバックダンサーを従えてダンスも披露し、約772万回再生された。日清食品のカップヌードルやブルボンのチーズおかきのCMにも登場した。

動画制作からテレビ、広告出演のマネジメントまでキズナアイのプロデュースを手掛けるActiv8(アクティベート)。大坂武史代表取締役は、Vチューバーの魅力はキャラクターの「実在感」だと話す。

これまでアニメなどのキャラクターは決められたストーリーやシナリオに沿って一方向で表現されることがほとんどだった。しかし、ストリーミング技術や仮想現実(VR)により、Vチューバーは動画の中でファンと同じ空間を共有できるようになり、今ではライブコンサートやテレビのクイズ番組にも出演する。

企業向けにデータ収集・分析を提供するユーザーローカルによると、Vチューバーの数はこの1年で4000増え、5日に9000を超えた。背景にはVチューバーの容姿や声を自在にカスタマイズできるアプリや、VRゴーグルなど関連技術・機器の進化や低価格化がある。

Vチューバーの発掘やライブ配信アプリの運営を手掛けるグリーの荒木英士取締役は、次世代通信規格(5G)やVR、拡張現実(AR)などに関する技術がさらに普及し、よりイマーシブ(没入感)を持てる体験が可能となれば「身体も含めた表現」がキャラクターに必要になってくると話す。

1/2ページ

最終更新:9/18(水) 6:00
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事