ここから本文です

実はオヤジ多数のワタナベ、市場影響力増す-将来不安が駆り立ても

9/18(水) 7:30配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 先月のトルコ・リラ急落に拍車をかけたともみられる日本のFX投資家。主に海外で「ミセス・ワタナベ」とも称される個人投資家たちだが、実際には30代以降の中高年男性が圧倒的多数を占め、その層の厚さから相場に与えるインパクトは無視できない。年金支給など将来への不安が彼らの一部を外為投資に走らせる。

「ミセス・ワタナベ」という俗称は、2007年に主婦が為替証拠金取引で得た所得で脱税したことが報じられたことで広まった。しかし、金融先物取引業協会などによると、為替証拠金取引をする約8割が男性で、年齢層は30代から50代が大半を占める。外為どっとコム総合研究所の神田卓也調査部長は、「口座ベースでも7割が男性。実際に口座を開いている方の傾向として、昼間は勤めている方がやはり多い」という。

日本の為替証拠金取引が市場にもたらす影響は大きくなっている。金融先物取引業協会によると、稼働口座数は19年6月末時点で約80万口座、証拠金は約1兆5000億円とそれぞれ07年6月末から3倍強増えている。また、東京外国為替市場委員会の調査では、外為証拠金業者を含む対非金融機関顧客の取引高はスポット取引全体の約4割を占めている。こうした中、直近では18年8月にトルコリラショックや、19年正月のフラッシュクラッシュ、そして今年8月のミニクラッシュが起こっている。

為替市場で日本のFX投資家が存在感を際立たせている特徴として、投資ライターで自身も為替を取引する高城泰氏(44歳)は「トルコリラやメキシコペソ、南アフリカランドなど為替市場ではメジャーではない通貨に大きなロットを張る」ことと指摘。高リスクのバロメーターである高金利をお金が稼げて「おいしい」とだけ捉えるため、「世界の常識からみると、違うことをやっているのかもしれない」と鑑みる。

超低金利と将来不安

個人投資家を外為投資に走らせる背景して、高城氏は「国の財政懸念や低金利環境、年金不安」を挙げる。「寝かせておくだけでお金をもらえる仕組みがないかを探しているのを感じる。トルコリラで19%くらいの金利が取れるとなれば飛びついてしまう」と指摘。自身が為替取引を始めた理由も「フリーとして仕事していて保証もないし、退職金もない。将来のことを考えた時に自分で何かしないといけないというのがあった」という。

1/2ページ

最終更新:9/18(水) 7:30
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事