ここから本文です

ABインベブのアジア部門、香港IPOで最大48億ドル調達目指す

9/17(火) 10:58配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): ベルギーのビールメーカー、アンハイザー・ブッシュ(AB)インベブは香港で復活させたアジア部門の新規株式公開(IPO)で最大48億ドル(約5191億円)を調達する公算だ。これは従来目標の半分程度となる。

ABインベブが17日発表したところによると、オーストラリアを除くアジア太平洋事業を行う子会社バドワイザー・ブルーイング・カンパニーAPACは香港でのIPOを通じて約12億6000万株を売り出す。IPO価格の仮条件は27-30香港ドルに設定した。

ABインベブは今年7月、最大98億ドルの調達を目指していたアジア太平洋部門の香港での上場計画を取りやめ、オーストラリア事業部門をアサヒグループホールディングスに113億ドルで売却することで合意した。

今回の香港IPOでは、シンガポール政府投資公社(GIC)がコーナーストーン投資家として10億ドルを投じる。

原題:AB InBev Seeks to Raise Up to $4.8 Billion in Asian Unit IPO (1)(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Carol Zhong, Julia Fioretti

最終更新:9/18(水) 2:12
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事