ここから本文です

F1シンガポールGP、DRSゾーンが3箇所に。”マーライオン”横からの橋上が新区間に

9/19(木) 9:04配信

motorsport.com 日本版

 9月22日(日)に決勝が行われるF1第15戦シンガポールGP。例年DRSゾーンは2箇所となっていたが、今回のグランプリウィークエンドでは3箇所に増加する。

【写真】新たなDRSゾーンに追加されるエスプラネード・ドライブ

 DRSゾーンに追加されるのはターン13~14にかけて。狭いアンダーソン・ブリッジを越えた後、マーライオンのすぐ横にある直角コーナー(ターン13)を左に曲がった後の、橋の上の広く長い”エスプラネード・ドライブ”と呼ばれるストレートだ。

 昨年まではホームストレートと、建物の下をくぐり抜けるターン5~7の2箇所でDRSを使うことができた。しかし今回前述のストレートがDRSゾーンに追加されることで、オーバーテイクの増加が狙われている。

 また、フリー走行と予選の際はDRSゾーン内であればDRSを自由に使用することができる。決勝レースにおいては、指定された区間を通過した際に前車とのギャップが1秒以内の場合のみ、DRSの使用が可能だ。なお、新設されたDRSゾーンの検知場所はターン13の手前102メートルの場所に設置される。

Pablo Elizalde

最終更新:9/19(木) 9:04
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事