ここから本文です

エアバス、38年までに3万9210機の新造機需要 アジア太平洋で42%

9/19(木) 15:18配信

Aviation Wire

 エアバスは現地時間9月18日、2019年から2038年までの20年間の民間航空機市場予測を発表した。今後20年間で航空輸送量は年平均で4.3%ずつ増加し、旅客機と貨物機を合わせた機体数は現在の2万2680機から、2038年には2.1倍増の4万7680機となる見通し。地域別で旅客機の需要がもっともが見込まれるアジア太平洋地域は、全体の40%にあたる1万9225機と予測している。

◆全世界で新造機3万9000機

 エアバスでは座席数や航続距離、運航路線により機体を分類。小型機から大型機まで、3カテゴリーに分けている。航続距離3000海里(5556キロ)以下を小型(Small)セグメントにはA220-100とA220-300、A319neo、A320neo、A321neoの5機種、5000海里以下を中型(Middle)とし、A330-800とA330-900のほか、A321neoのうち航続距離を延長したA321LRとA321XLRも中型に分類した。5000海里以上のA350-900とA350-1000の2機種は大型(Large)とした。

 2038年に世界全体で運航する4万7680機のうち、2019年から継続して運航する「既存機」は8470機となる。残り3万9210機が新造機で、このうち機材更新で1万4210機が必要と予測。2万5000機が市場の成長に伴う新たな導入数となる。

 新造機3万9210機のうち、最も多い小型セグメントは2万9720機(76%)、中型は5370機(14%)、大型は4120機(10%)となると予測している。

 機材数の増加に伴い、パイロットと整備士も増加。パイロットは新たに55万人、整備士は64万人が必要と予測している。

◆アジア太平洋は1万2000機

 日本を含むアジア太平洋地域では、2038年に運航する1万9225機のうち、2019年からの既存機は2900機。残り1万6325機が新造機で、全世界の新造機需要のうち42%がアジア太平洋で必要となると予測している。このうち4205機が機材更新を見込み、1万2120機が新たな導入数となる。

 新造機1万6325機のうち、最も多い小型セグメントは1万2765機(78%)、中型は2169機(13%)、大型は1391機(9%)と予測している。

 アジア太平洋地域では、パイロットが22万3210人、整備士は25万9690人、それぞれ新規で必要と予測した。

Yusuke KOHASE

最終更新:9/19(木) 15:18
Aviation Wire

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事