ここから本文です

楽天、新構想「Rakuten Fashion」を発表 ファッション関連事業者のデジタル・EC化を支援

9/19(木) 14:50配信

MarkeZine

楽天、新構想「Rakuten Fashion」を発表 ファッション関連事業者のデジタル・EC化を支援

画像

 楽天は、デジタル面を中心に、ファッション関連事業者をワンストップで支援するとともに、ファッション領域において付加価値の高いサービスをユーザーに提供するプラットフォームを目指す新構想「Rakuten Fashion」を発表した。

 具体的には、楽天グループのアセットを活用し、需要予測、受注管理、決済などのシステムや、物流フルフィルメントサービス、海外販売支援サービスなど、商品の企画・生産から販売までを効率化するデジタルソリューションを、ファッション関連事業者がワンストップで利用できる、よりオープンなプラットフォーム構築を進めていく。これにより、日本国内のファッション関連事業者のデジタル化やEC化を支援し、ファッション産業のさらなる活性化に貢献することを目指す。

 また、新構想のもと、新しい価値をユーザーに提供できるファッションプラットフォームへの進化を図るため、第一弾の取り組みとして、10月1日(火)より、「Rakuten BRAND AVENUE」のサイトデザインを一新し、サービス名称を「Rakuten Fashion」に変更する。

 サイトデザインをシンプルで洗練されたものにするとともに、各取り扱いブランドの成り立ちやコンセプトなど、ブランド・ストーリーを紹介するページを新設。参加ショップがブランドに込める想いをより一層ユーザーに伝えやすくすることで、ユーザーがショップやブランドへの関心や理解を深め、これまで以上にファッションの買い物を楽しむことができるサービスの実現を目指す。

最終更新:9/19(木) 14:50
MarkeZine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事