ここから本文です

ふるえるノイキャン! スカルキャンディ「Crusher ANC」は機能満載で楽しさ満点

9/19(木) 10:00配信

アスキー

スカルキャンディーの代名詞ともいえる震えるヘッドホン「Crush」。その最新モデルは、アクティブ・ノイズキャンセリング機能付きに進化した。

【もっと写真を見る】

 映画やライブの音声を圧倒的な迫力で楽しみたい。ならば、じんじん震えるヘッドホンはいかが? Skullcandy Japanは9月19日、振動するヘッドホン「Crusher」(クラッシャー)シリーズの新モデル「Crusher ANC」を発表した。発売は10月25日。価格は3万6300円(税抜)。
 
 また、従来モデルのCrusher Wirelessにもモーブレッドとモスオリーブの新色が追加される。価格は1万7800円(税抜)だ。
 
新次元の深い立体サウンド、新次元の音楽体験
 サブウーファーを内蔵し、低域再生時に本体が振動、臨場感あふれるサウンドの再生が可能だ。もともと有線モデルから始まったCrusherシリーズだが、2017年にワイヤレス化。昨年は限定生産の「Crusher 360」も登場した。そして、低域再生に連動して振動する「センサリーベース」の技術に磨きをかけ、ノイズキャンセリング対応になったのが、新発売のCrusher ANCだ。
 
 振動する低域は10~200Hzまで。Crusher Wirelessは45~75Hz、Crusher 360でも20~100Hzだったので、かなり広範囲になった。それにともない、ドライバーのダンピング力も強化。金属ばねとシリコンばねを組み合わせたダンパー部にして、振動後の不要な振動を最小限に抑制。「音量を上げても正確で歪みがない強力な振動が創り出せる」としている。イヤーカップの下側面には、無段階のスライダーを用意。ここを動かすことで、振動の量が変わり、コンテンツに合った使い方ができる。Crusher Wirelessでは、微調整がしにくいというフィードバックがあったが、それに配慮して改良を加えた。
 
 アクティブ・ノイズキャンセリング(ANC)機能も、Cursherシリーズとして初搭載。ハウジングの内側と外側にマイクを設けたフィードバック/フィードフォワード方式で、信号処理もデジタルハイブリッド式となっている。Skullcandyが昨年発表した「Venue」で採用したアナログ方式のNCに比べて、高精度だという。また、イヤーカップの左側面を2秒間タッチし続けることで外音取り込みをする(アンビエントモードに入る)ことも可能だ。
 
自分の耳に合ったサウンドプロファイルの適用で、別次元の体験を
 他社にあまりない機能として、もうひとつ注目したいのが、専用アプリで聴力テストをし、再生音をユーザーごとに最適なものに調節する機能だ。スウェーデンのAudiodoが開発した技術を、世界で初めて取り入れている。
 
 Audiodoは、20年以上の歴史を持つスウェーデンの企業で、20年以上の歴史があり、ドルビーやTHXのようなサウンドをパーソナル再生の分野で目指しているという。東京で実施されたCrusher ANCの説明会では、audiodo社のJonas Löfgrenバイスチェアマン、平良一彦日本代表、富田寿晃日本副代表が登壇。「audiodoの技術を世界で初採用したヘッドホンブランドが、SkullCandyであり、初披露は日本とニューヨークで同じタイミングにした」などと紹介した。
 
 人間の耳は正常な人でも左右の特性が異なる。そこで、この左右の耳の聴こえ方の違いなどを考慮したサウンドプロファイルを作り、適切な特性で、ヘッドホンの再生音を得るわけだ。特性の計測は専用アプリを使用する。様々な音の高さ、音量でビープ音が再生されるので、聞こえる/聴こえないをYes/Noで選んでいくという3分程度のシンプルなテストを実施する。
 
 Löfgren氏によると、この機能は耳の聴こえがいい人にも効果的だという。また補正の際には、特定の周波数の音圧を上げ下げするだけでなく、全体のカーブを滑らかに修正できる点も特徴だそうだ。特許出願中の技術であり、その詳細は語れないとしたが、その精度の高さが他社の技術に対する優位点だという。数学的な処理に加え、脳科学の成果も取り入れたアルゴリズムになっている。
 
 この計測によって得たカーブはヘッドホンのメモリーに保存し、再生時のリアルタイム補正に使用する。一度保存しておけば、どの機器と接続しても補正が利く。実際に使ってみたが、筆者の感想としては、中音域が前に出てきて、特にボーカルが近く、ハッキリと聞こえるようになった印象だ。少なくとも、補正前と補正後で、音にかなりの違いが出ることは分かった。
 
 また、リアルタイム処理ということで、バッテリー消費を気にする声も多く届くそうだが、Löfgren氏の説明では、この処理によってバッテリー消費が増えることはなく、むしろ駆動時間が長くなるとした。理由は、信号処理で音圧レベルも適切な大きさに補正するため、アンプの出力を抑えてもいいため。さらに、微細な音が通常よりも鮮明に聴こえるため、細かい音を聴こうと、ついつい音量を上げてしまう機会が減る。実際、普段聴いている音量よりも低い音で聴く人が増えるという。
 
紛失防止タグにも対応、質感ももちろんアップ
 このほか、Venueでも搭載していた紛失防止機能タグ「Tile」に対応。スマホとBluetoothと通信して、紛失した際にはおおよその場所が分かる。また、離れた場所に置きっぱなしにした場合でも、Tileのアプリを利用している別のユーザーが近くを通った際に、匿名で通知してくれる機能もある。ヘッドホンの置き忘れや紛失をしにくくする仕組みを持っているのだ。
 
 本体のバッテリー駆動時間は約24時間で、充電はUSB Type-C端子を利用。10分の充電で4時間使える急速充電にも対応する。Bluetooth接続用のSoCはクアルコムの「QCC5124」。SBCのほか、AACやaptX、aptX-HD(48kHz/24bit)など高音質コーデックの利用も可能だ。また本体のボタンを2回押すことで、SiriやGoogle アシスタントの起動ができる。
 
 ドライバーサイズは直径40mm、本体重量は308gで、有線接続にも対応。インピーダンスは32Ω。本体カラーはブラック、モーブレッド、ブラック/チタンの3種類が選べる。
 
 表面仕上げも向上しており、鏡面仕上げしたメタル製のロゴを埋め込んでいたり、ヘッドバンドの可動部を少し長くすることで、側圧が強くなりすぎることを防ぐといった改良を加えた。樹脂と金属を組み合わせた本体は、デュポン社のHydrel(ヘッドバンド上部)、Delrin(スライダー部分とヒンジ部分)、Crastin(ヘッドバンドそのほか)などを使い分けている。
 
 4万円前後の価格はノイズキャンセルヘッドホンでも上位モデルの価格帯となるが、Crasher ANCの機能は、全体を通しててんこ盛りという感じで、内容は濃い。ボーズやソニーなどとは一味違ったサウンドとデザイン、そして振動する臨場感や楽しさを積極的に感じたい人にとっては、面白い選択肢になるのでは?
 
 
文● ASCII

最終更新:9/19(木) 11:09
アスキー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事