ここから本文です

「ココでは若手」谷口徹が単独首位発進 3連覇中のマークセンは22位

9/19(木) 17:19配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内シニアメジャー◇日本シニアオープン 初日(19日)◇日高CC東西C(埼玉県)◇7019yd(パー72)

【画像】ファッショナブルなジェットさん

谷口徹が6バーディ「66」をマークして6アンダーの単独首位発進を切った。前年に続く出場で、シニアツアーは今季2試合目。第1打をバンカーに入れて“目玉”にした前半2番(パー3)で、カラーからパターでパーを拾いガッツポーズ。その後は快調にスコアを伸ばして、2位の清水洋一に1打差をつけた。

51歳になった今季も主戦場は長期シードを持つレギュラーツアー。谷口は「ココに来ると若手になれる」と笑う。練習場で他選手のショットの音にほんの少し安心感がわくそうだ。「いつもは後ろから『バシー!』っと、えげつない音が聞こえてくるから…」。心理的な余裕はこの日、スコアにも直結した。「良いスコアは期待していなかったけれど、やってみたら意外とイイ感じで」。ティショットが安定し、ノーボギーで終えた。

前年大会は最終日にプラヤド・マークセン(タイ)に競り負け、大会3連覇を許した。ライバルはこの日、1オーバー22位タイとスロースタートで、谷口はまずリベンジに向け絶好の体勢をつくった。「アイアンショットがことしの課題。もう少しよくなれば楽しくなる」と高い基準を追いながら残り3日間を戦う。

首位とは2打差の4アンダー3位タイに前週の「コマツオープン」を制したタワン・ウィラチャン(タイ)と、パク・ブーウォン(韓国)がつけた。2010年以来の大会3勝目がかかる倉本昌弘は今季がシニア初年度の手嶋多一らと並び1アンダー6位タイ。同じくツアールーキーの深堀圭一郎は2オーバー38位タイ、塚田好宣は3オーバー53位タイと出遅れた。

【上位陣の成績】
1/-6/谷口徹
2/-5/清水洋一
3T/-4/T.ウィラチャン、パク・ブーウォン
5/-3/中山正芳
6T/-1/倉本昌弘、手嶋多一、崎山武志、羽川豊、湯原信光、G.マイヤーほか

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事