ここから本文です

クロノジェネシス、秋華賞3週前追い切り速報/栗東トレセンニュース

9/19(木) 11:21配信

netkeiba.com

 先週のローズSはダノンファンタジー(栗東・中内田充正厩舎)がレコード勝ちで秋華賞(10月13日・京都芝2000m)に向けて、視界良好といった結果を見せた。その秋華賞へ直行予定はクロノジェネシス(栗東・斉藤崇史厩舎)。

 9月4日にノーザンファーム(早来町)から栗東へ帰厩しており、週末、水曜のリズムで追い切りを消化している。今朝19日は団野大成騎手(レースは北村友一騎手)が跨って、CWコースで3頭併せを行った。

 ダッシングブレイズ、フォルステライトという組み合わせで、前半をゆっくり入って、1Fごとにしっかり加速していくというラップ。最後の直線は最内から前を捕まえに行く動きだったが、その走りは余裕たっぷり。

 最後まで前に出るということはなかったものの、仕掛ければ、いつでも抜け出すことができる手応え。レースまでは約1ヶ月という段階だが、すでに動き自体は整っている印象。なお、時計は6F83.7~5F67.6~4F52.6~3F38.4~1F12.1秒だった。

(取材・文:井内利彰)

最終更新:9/19(木) 11:23
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事