ここから本文です

今秋、iPhone 11シリーズに追加されるカメラ機能「Deep Fusion」ってなに?

9/19(木) 12:01配信

ギズモード・ジャパン

一眼レフに追いついた? いやいやそれ以上かもしれません。

9月20日に発売を控えるiPhone 11シリーズ。僕は予約当日、iPhone 11 Proの注文手続き画面まで進みましたが、悩んでビビってキャンセルしてしまいました。実際のところ店頭で見てから考えたいなと。

【全画像をみる】今秋、iPhone 11シリーズに追加されるカメラ機能「Deep Fusion」ってなに?

ソフトもハードもカメラが進化

ところで今回のiPhoneで1番の目玉機能はなんといってもカメラ性能だったんじゃないでしょうか? 夜間でも明るい写真が撮影できるナイトモードや、超広角カメラの追加、インカメでのスローモーション撮影、通称:スローフィー(この機能みんな使うのかな…)などなど魅力的なアップグレードでした。

そんななか、自分がとくに気になったカメラの新機能は「Deep Fusion」でした。これは、今回のキーノートのSneek peek(新機能のチラ見せコーナー)で紹介されたものです。

Deep Fusionってなに?

Deep Fusion(ディープフュージョン)とはiPhone 11 シリーズ向けに今秋、iOSアップデートにて追加されるカメラ機能です。

Appleのプレスリリースによると、

この秋後半に登場するDeep Fusionは、A13 BionicのNeural Engineによって可能となる新しい画像処理システムです。Deep Fusionは高度な機械学習を使って写真のピクセル単位での処理、写真のすべての部分の質感、細部、ノイズの最適化を行ないます。

つまり複数枚の写真から、後処理によって1ピクセルごと(pixel by pixel)に画像を最適化し、1枚の写真を作り上げるというもの。すでにGoogle Pixelが「コンピュテーショナルフォトグラフィ」と声高々に実現している機能ではありますが、ついにiPhone 11シリーズでも、高精細でプロみたいな写真が撮れるぞ!ってこと。

Deep Fusionってどういう仕組み?

iPhoneのカメラは、シャッターを切る前から、つまりフレーミングしているときから常に写真を読み込んでいます。Deep Fusionはこの仕組みを活用した撮影技術で、9枚の写真がニューラルエンジンによって解析され、そこから最高の1枚の写真に仕上げてくれるシステム。

Deep Fusionは、まずシャッターボタンを押す前に8枚の写真を短い露出で撮影し、ボタンを押すと1枚の写真を長い露出で撮影。すると、たったの1秒でニューラルエンジンが写真を分析し、最適な写真を作り上げる仕組み。

この機能のポイントは、1度だけシャッターを切るような体感で、いつもと写真撮影と同じような体験で撮影できること。解析にはiPhone 11シリーズに搭載されるA13 Bionicが使われていて、ノイズを軽減して2400万ピクセルもの写真を自動で最適化してくれます。

実際、秋にリリースされるまでは試すことができないのでなんとも言えませんが、写真をズームして見てみると、織物や繊維などがより細かく表現されているみたいですね。

だからキーノートでは、サンプル写真がセーターを着た男性だったのね。ふむふむ。

「こんな写真は今まで撮ることができなかった」なんて今までなんども聞いたことがあるフレーズのような気もしますが、こんな簡単に綺麗な写真が撮れるならば是非試してみたいですね。

でもまずはiPhoneを予約しないと…。

Source: Apple, YouTube

はらいさん

最終更新:9/19(木) 12:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事