ここから本文です

ハース残留の決め手は“継続性”。在籍5年目迎えるグロージャン「本当に嬉しい」

9/19(木) 17:20配信

motorsport.com 日本版

 F1シンガポールGPに先立ち、2020年のドライバーラインアップを発表したハース。2017年から続くロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンのコンビが、来季も継続されることとなった。

【写真】リッチエナジーのロゴが削除された新カラーリング

 ふたりは今季、レース中に接触する“同士討ち”が多く、さらにはグロージャンの契約が今季限りということもあり、ルノーを離脱したニコ・ヒュルケンベルグがグロージャンに代わって加入するのではないかとの噂もあった。しかし、チーム代表のギュンター・シュタイナーは、“経験”と“継続性”を重視したようだ。

「“経験”は、ハースF1チームにとって不可欠なもののひとつである」とシュタイナーはプレスリリースにコメントした。

「よって、我々は2020年もロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンという、成長のための強固な土台を提供してくれるドライバーラインアップを継続する」

「彼らの“チームとして働くこと”への理解、そして我々の彼らに対する理解は、価値ある継続性と強力な基盤を提供する」

「2019年はVF-19のパフォーマンスが安定せず、厳しい1年となっているが、2020年に向けて共に学び、成長し、前進することができるだろう」

 また、チームをF1参戦当初から支えるグロージャンは、残留できることの喜びを口にした。

「僕はハースF1チームに留まり、チームと共に成果をあげたいと思っていた」

「僕は(チームの)初期からここにいて、(チームオーナーの)ジーン・ハースと、ギュンター・シュタイナーがチームを強くしていく様をこの目で見てきた」

「もちろん、ハースの一員としてここに居続けることができて、本当に嬉しい」

「昨年、F1参戦からたった3年でコンストラクターズ選手権5位に入れたことは、本当に特別なことだった。今年は挑戦を強いられるシーズンになっているけど、昨年と今年に得たものを2020年に活かしたい。ケビン、そしてチームのみんなとこれからも仕事を続けられるのが楽しみだよ」

 来季でチーム在籍4年目となるマグヌッセンも、次のようにコメントを残した。

「2020年もチームに居られることを知って安心した。今シーズンの展開に満足している人は誰もいないけど、それを好転させようとするチームの意志には疑いの余地がない」

「僕がチームに貢献できるということを、チームのみんなが常に信じてくれていることに感謝したい」

「僕たちは共通の目標をロマンと一緒に共有している。今季の残りのレース、そして2020年に向けて全力を尽くすよ」

最終更新:9/19(木) 17:20
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事