ここから本文です

田中 次回エンゼルス戦で直近の課題クリアなるか

9/19(木) 11:31配信

東スポWeb

【ニューヨーク18日(日本時間19日)発】ヤンキースの田中将大投手(30)の次回登板は、19日(同20日)に本拠地で行われるエンゼルス戦に決まった。チームの公式サイトでは左腕のハップとなっていたが、ブーン監督が試合前の会見で田中の先発を発表した。

 もっとも、田中にとっては突然の変更ではない。「別に比較的早い段階から分かっていたので特に。1日の休みがあったから中5日だし、全然問題ないです」と平然。直近の2登板は4回4失点と5回4失点で降板している。「修正アプローチは、これまで通りやっている。あとは結果が出なければ何を言ってもしょうがないと思うので、そこだと思います」と意気込みを語った。

 レギュラーシーズンの登板は、あと2回。気持ち的な切り替えが重要と考える。「いかに自分の考えを整理して、クリアな状態でマウンドに上がれるかが重要だと思うので、オンとオフのメリハリをつけて、いい時間を過ごすことが大事かなと思います」

 プレーオフに向けて先発投手陣の状態があまりいいとは言えない中、右肩炎症などで開幕から戦列を離れていたエースのセベリーノが17日(同18日)にメジャー復帰して4回2安打無失点と好投した。頼もしい存在だが、「戻ってきたばかりで過度な期待を背負わすわけにもいかないので、いるピッチャーで頑張らないといけないですからね」と気を引き締める。首脳陣を安心させる投球ができるか。

最終更新:9/19(木) 11:34
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事