ここから本文です

“秋の海外騎手攻勢”ミルコ受けて立つ! 「どんな人にも負けたくない」

9/19(木) 6:00配信

デイリースポーツ

 今秋は短期免許で海外の名手が多く来日する予定。外国人騎手のパイオニアとして第一戦で活躍するM・デムーロ騎手(40)=栗東・フリー=は堂々と受けて立つ構えだ。

【写真】“大魔神”佐々木氏所有馬G1勝利!妻・加奈子さんもミニドレスで大はしゃぎ

 デットーリ(48)=イタリア、ムーア(36)=英国、スミヨン(38)=ベルギー、シュタルケ(45)=ドイツ、マーフィー(24)=愛国、ビュイック(31)=ノルウェー=としのぎを削ることになる。「毎日がオールスター戦みたいですね」とおどけながらも、「僕は全部勝ちたいと思う性格です。どんな人にも負けたくないです」と闘志を燃やす。

 99年に短期免許でJRA初騎乗から20年。03年にはネオユニヴァースで外国人騎手として初めてダービーを制覇。日本馬初優勝となった11年ドバイワールドCでヴィクトワールピサの馬上にいたのもこの男だった。15年にJRA騎手免許を所得し、通年で騎乗できることになった。

 16日の中山12Rをイルヴェントデーアで制し、JRA通算1000勝を達成。「いろいろなことがあったけど、JRAの騎手になれて本当に良かったです」としみじみ語りながら「1000勝はうれしかった。でももっと勝ちたい。そのためにいつも勉強しています」と貪欲な姿勢を崩さない。

 日本の競馬を熟知する男が、世界のビッグネームを相手に存在感を示す。

最終更新:9/19(木) 7:17
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事