ここから本文です

出身高校までは1.4km 清水洋一の地元と初勝利への期待

9/19(木) 19:51配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内シニアメジャー◇日本シニアオープン 初日(19日)◇日高CC東西C(埼玉県)◇7019yd(パー72)

【画像】渋いジョー

レギュラーツアーでゼロ勝、そしてシニアでもツアー競技では未勝利。56歳の清水洋一が待望の初白星をつかむのが今週ならば、最高の巡り合わせといえるかもしれない。生まれ育った実家からこの日高CCまでは車で約15分。出身の埼玉県立日高高は直線距離でわずか1.4kmの距離にある。賞金ランキング41位と低迷するシーズンの悪い流れが一変、メジャーでの5アンダー2位発進は必ずしも偶然ではなさそうだ。

当地では埼玉県内の競技のほか、プライベートラウンドを含めて1年に20回近くプレーすることもある。“地の利”をさらに強くさせるのは、頼れる相棒の存在だ。当地でレッスンなどを行うプロ、島田陸央(しまだ・たかお)を今大会で初めてキャディに据えた。パットのライン読みは任せっきり。「そこそこグリーンにのせてくれれば、僕が読みます」(島田)という言葉を信じ、前半2番で8mの強い下りフックを沈めてバーディとするなど、分業で18ホールを攻略し「67」をマークした

「コースは熟知しているし、行ってはいけないところ、マネジメントも分かっているつもり」と清水は言う。ナショナルオープンのコース設定にも、「もっと速いグリーン、もっと難しいピンポジションも経験している」と胸を張る。

それでいて、「5アンダーとかには何人かの選手が行くとは思っていたけれど、自分がそこにいるとは…。『2アンダーくらいで最高じゃないか』と話していた」と思い描いた結果とはギャップがあるのも事実。「(自分は)有利は有利ですけど、マークセン、谷口徹、手嶋多一という“レギュラー(ツアー)チーム”はこういうコース、セッティングでもしっかり上位に来る」と、あくまで謙虚だった。

「優勝したいのはありますけど、あくまで、一生懸命やって争えれば。うちの親も親戚も仲間も喜んでくれる」。まずは来季に向けたシード入り(日本プロゴルフ協会会員の賞金ランク上位30人)が、大きな目標だ。「試合はまだ4分の1ですから(笑)。どうこう言える立場ではないですし。ことしは良いところにいても、最後にズッコケて、下で終わるのが多い。うまく活躍できて…優勝争いができて…シード圏内にいけたらという気持ちです」と控えめに週の後半を見据えた。(埼玉県日高市/桂川洋一)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事