ここから本文です

レッドブル得意のシンガポールで今季3勝目を! ホンダF1田辺TD「十分な準備をして臨む」

9/19(木) 19:05配信

motorsport.com 日本版

 2019年のF1世界選手権も残すは7レース。第15戦シンガポールGPに向け、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクター(TD)がプレスリリースに意気込みを語った。

【ギャラリー】53勝目はいつ? セバスチャン・ベッテル優勝レースを振り返る

 レッドブルは伝統的に、シンガポール市街地コースを得意としている。それは統計からも明らかだ。シンガポールGPは2008年から開催されているが、レッドブルは2010年以降9年連続で2位以上のリザルトを残している。セバスチャン・ベッテル(現フェラーリ)は2011年から3連勝しており、昨年もマックス・フェルスタッペンがフロントロウスタートから2位を獲得している。

 今季ここまで2勝を挙げているレッドブルにとっては、3勝目を手にする絶好のチャンスだ。そんなレッドブルにパワーユニット(PU)を供給するホンダは、ベルギーGPとイタリアGPで最新スペックのPUを投入し、万全の態勢を整えていると言える。

 田辺F1TDはシンガポール市街地サーキットのコース特性について分析しつつ、次のように意気込みを述べた。

「今シーズンのヨーロッパラウンドを終え、ここからはシーズン終盤に向けて、世界各地を巡るフライアウェイレースが始まります。まずはシンガポールでの戦いになりますが、レースが行われるマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットは、高速サーキットで行われた過去2戦と異なり、テクニカルな低速サーキットです」

「また、23ものコーナーを有することもこのサーキットの特徴で、PUとしては数多く配置されている低速コーナーを速く立ち上がるためのドライバビリティが重要になります。ストリートサーキットでオーバーテイクが困難なため、予選でのパフォーマンスもキーになると考えています」

「レッドブル、トロロッソともに伝統的に得意としているサーキットですので、予選、レースに向けて十分に準備をして臨みます」

最終更新:9/19(木) 19:05
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事