ここから本文です

マグロ豪快に解体 包丁さばきに乗客歓声 清水港の大型豪華客船

9/19(木) 9:18配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡市清水区の清水港日の出埠頭(ふとう)に停泊中の大型豪華客船「ぱしふぃっくびいなす」の船内で18日、マグロの解体ショーが行われた。

 清水を訪れた乗客に地元の食を味わってもらおうと、清水港客船誘致委員会が企画した。焼津市の水産物加工、販売業者「福一漁業」の柴田浩さんが約30キロのマグロをさばいた。柴田さんの鮮やかな包丁さばきに乗客から歓声があがった。ショーの後には、清水港で水揚げされたマグロに乗客が舌鼓を打った。ぱしふぃっくびいなすは17日に神戸を出発し、19日に横浜に寄港する。

 宮崎県から同客船のツアーに参加した女性(81)は「マグロの解体を初めて見た。清水のマグロは甘みがあっておいしい」と話した。

静岡新聞社

最終更新:9/19(木) 9:18
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事