ここから本文です

【速報】ファーウェイ、新スマホ「Mate 30 Pro」を発表。性能がぶっ壊れ気味です

9/19(木) 21:21配信

ギズモード・ジャパン

I am your new mate、ですって!

ファーウェイが新スマートフォン「HUAWEI Mate 30 Pro」「HUAWEI Mate 30」を発表しました。Mate 30は添えるだけな感じでしたが、Mate 30 Proはなんかいろいろヤバい!

【全画像をみる】【速報】ファーウェイ、新スマホ「Mate 30 Pro」を発表。性能がぶっ壊れ気味です

Huawei Mate 30 Proはディスプレイと充電がスゴい

SoCは5G対応の「Kirin990」。プロセスルールは7nm。CPU性能・CPU効率が20%強アップし、GPU性能・効率は30~40%弱向上したとのこと。

Mate 30 Proの注目ポイントその1が新型ディスプレイ「Horizon Display」。エッジが湾曲していて、サイドのベゼルがありません! そして、サイドを利用しての操作が可能な模様です。

サイズは6.53インチのOLEDです(Mate 30よりディスプレイは若干小さかったり)。

ノッチがあり、中にはジェスチャーセンサー、3D深度カメラ、アンビエントライト&近接センサー、セルフィーカメラを搭載。

ジェスチャー操作に対応。シャッターを切ったりできます。

おもしろかったのは、ユーザーの視線を感知して自動でディスプレイ表示方向を調整してくれる機能「AI Auto-Rotate」。スマホってけっこう上下逆に持っちゃったりしますからねー、これは便利だ。

バッテリー容量は4500mAh。スーパーヘビーユーザーが使って9.2時間もつとのこと。

もうひとつすごいのが充電関係。有線で40Wってのもびっくりですが、さらに驚きなのが27Wのワイヤレス充電に対応ってとこ! 現状のワイヤレス充電速度 、ぶっちゃけ不十分(もう使ってない…)だと思うのでこれはすごくいいなと。リバースワイヤレス充電にももちろん対応で、スマートウォッチやワイヤレスイヤホンなどをMate 30 Proに載せることで充電できます。

ちなみに、IP68防水です。

アンテナデザインに注力。アンテナ総数21、そのうち14が5G向け。

5G通信速度はGalaxy Note10+を突き放しているとのこと。この辺りはコンシューマ向け通信機器メーカーであるとともに通信インフラメーカーでもあるファーウェイのこだわりを感じますね。通信というスマホの本当に基本的な部分に妥協しない感じで、地味かもしれませんが好きです。

あ、デュアルSIM対応ですよ。

カラーはブラック・スペースシルバー・コズミックパープル・エメラルドグリーン・ビーガンレザーフォレストグリーン・ビーガンレザーオレンジの6色。

なんというか、ファーウェイはスペック面にマジで妥協ないなと。しかも、これで終わりではなく、カメラもとんでもないことに…。

1/3ページ

最終更新:9/20(金) 10:41
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事