ここから本文です

購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

9/19(木) 21:00配信

Game Spark

いよいよ「ニンテンドースイッチ ライト(Nintendo Switch Lite)」(希望小売価格:19,980円+税)が9月20日に発売されます。

大きな写真で詳しく見る

従来のニンテンドースイッチより持ち運びやすいサイズになり、軽量化もされた本機は、TVモード・テーブルモードが非対応だったり、HD振動機能・モーションIRカメラを使用したゲームをプレイするには別途Joy-Conを用意する必要があったりと、従来のニンテンドースイッチと機能面での差はありますが、携帯モードに対応しているタイトルであれば十分に楽しめるんです。


そこで今回Game*Spark/インサイドでは、ニンテンドースイッチ ライトを購入する前に知っておきたいオススメのタイトル50本を一気に紹介。この中からあなたが気になる作品をぜひ探してみてください!

本記事の目次

【1ページ】
『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』(対戦アクション)
『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(アクション・アドベンチャー)
『ディアブロ III エターナルコレクション』(ハック&スラッシュRPG)
『ゼノブレイド2』(RPG)
『RISK OF RAIN 2』(ローグライクシューター)
『スプラトゥーン2』(アクションシューター)
『The Elder Scrolls V: Skyrim』(オープンワールドRPG)

<cms-pagelink data-text=”【2ページ】” data-page=”2” data-class=””></cms-pagelink>
『Dead Cells』(ローグライクアクション)
『スーパーマリオ オデッセイ』(アクション)
『Hollow Knight』(横スクロールアクション)
『マリオカート8 デラックス』(アクションレース)
『Minecraft』(クラフトゲーム)
『フォートナイト バトルロイヤル』(バトルロイヤルシューター)
『TETRIS 99』(パズル)

<cms-pagelink data-text=”【3ページ】” data-page=”3” data-class=””></cms-pagelink>
『Muse Dash』(リズムゲーム)
『熱血硬派くにおくん外伝 River City Girls』(アクションアドベンチャー)
『サガ スカーレット グレイス 緋色の野望』(RPG)
『Katana ZERO』(2Dアクション)
『DARK SOULS REMASTERED』(アクションRPG)
『ドラゴンクエストビルダーズ2』(ブロックメイクRPG)
『ドラゴンクエストX オンライン』(MMORPG)

<cms-pagelink data-text=”【4ページ】” data-page=”4” data-class=””></cms-pagelink>
『ラングリッサーI&II』(シミュレーションRPG)
『UNDERTALE』(RPG)
『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー』(横スクロールアクション)
『ロケットリーグ』(対戦型カースポーツアクション)
『DAEMON X MACHINA(デモンエクスマキナ) 』(メカアクション)
『ゾイドワイルド キングオブブラスト 』(アクション)
『すばらしきこのせかい Final Remix』(アクションRPG)

<cms-pagelink data-text=”【5ページ】” data-page=”5” data-class=””></cms-pagelink>
『スーパーロボット大戦T』(シミュレーションRPG)
『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』(SRPG)
『仮面ライダー クライマックススクランブル ジオウ』(アクション)
『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX』(戦車アクション)
『Project Nimbus(プロジェクト・ニンバス)』(メカアクション)
『アサルトガンナーズ HD EDITION』(メカアクションシューティング)
『アスタブリード』(メカアクションシューティング)

<cms-pagelink data-text=”【6ページ】” data-page=”6” data-class=””></cms-pagelink>
『ファイアーエムブレム 風花雪月』(シミュレーションRPG)
『The friends of Ringo Ishikawa』(2D横スクロールアクション)
『パンティーパーティー』(アクション)
『ヨッシークラフトワールド』(アクション)
『Slay the Spire』(カードゲーム)
『ネコ・トモ』(コミュニケーションゲーム)
『ROBOTICS;NOTES DaSH』(アドベンチャー)

<cms-pagelink data-text=”【7ページ】” data-page=”7” data-class=””></cms-pagelink>
『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』(格闘アクション)
『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』(アクションRPG)
『VA-11 Hall-A ヴァルハラ』(アドベンチャー)
『Stardew Valley』(スローライフRPG)
『ASTRAL CHAIN』(アクション)
『スーパーマリオメーカー2』(アクション)
『OCTOPATH TRAVELER』(RPG)
『星のカービィ スターアライズ』(アクション)

『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』
発売元(開発元):任天堂(ソラ/バンダイナムコスタジオ) ジャンル:対戦アクション 
(公式サイト/紹介映像)
―迷ったら『スマブラ』!
対戦アクションの鉄板『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』は、「スイッチと一緒に買っておくべきタイトルNo.1」といっても過言ではありません。対戦アクションといっても本作では、ゲーム初心者のためにチュートリアルが充実しているほか、RPGのようにキャラの強化を行いながらマップを進んでいくアドベンチャーモードが収録されています。

みんなでローカル・インターネット通信の対戦で盛り上がるのもよし、ひとりでアドベンチャーモードをやり込むのもよし。登場キャラクターもシリーズ最多なのでボリューム的にも文句なしです。

今後も新たなファイターが続々追加される予定なので、本作の人気がとどまる事は当分なさそうです!

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』
発売元(開発元):任天堂 ジャンル:アクション・アドベンチャー
(公式サイト/紹介映像)
―『ゼルダ』シリーズ最高傑作
2017年に発売された『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は、シリーズ初となるオープンワールド型のフィールドを採用。また、まずはどこに行って何をするかという行動の選択もプレイヤーに委ねられています。

その自由度の高さはゲームの奥深さに直結しており、現在も様々な発見に満ち溢れています。発売年には「The Game Awards 2017」を受賞。ゲームのクオリティは折り紙付きです。

これまで『ゼルダの伝説』シリーズを体験してこなかった人も、「どこかへ冒険したい」という欲求があるなら、本作をプレイしてみてはいかがでしょうか。

『ディアブロ III エターナルコレクション』
発売元(開発元):Blizzard Entertainment ジャンル:ハック&スラッシュRPG
(公式サイト/紹介映像)
―Blizzardの名作を携帯機で
いつでもどこでも楽しめるニンテンドースイッチと、ハック&スラッシュRPGとの相性は抜群!特に、同ジャンルを牽引してきた『ディアブロ III 』は最高の組み合わせでしょう。

倒した敵から武器や装備を取得しキャラクターを強化、そしてさらに強い敵を倒していくハック&スラッシュRPGの爽快感や歯ごたえ……これらを存分に味わってみてください。すぐに中毒になるはずです。

また本バージョンには、ペットのコッコ、トライフォースの肖像フレーム、特別仕様の翼、キャラクターの外見が変更可能なガノンドロフの鎧といった装飾アイテムなどの『ゼルダの伝説』シリーズのコンテンツが用意されています。

『ディアブロ』ファンはもちろん、『ゼルダの伝説』ファンも本作のプレイを検討してみてはいかがでしょうか。

『ゼノブレイド2』
発売元(開発元):任天堂(モノリスソフト) ジャンル:RPG
(公式サイト/紹介映像)
―がっつりRPGがやりたくなったらコレ!
広々としたフィールドを冒険できるJRPG『ゼノブレイド2』は、サルベージャーの少年・レックスが、「天の聖杯」と呼ばれるブレイド・ホムラと運命的な出会いを果たす「ジュブナイル&ボーイミーツガール」のストーリーが描かれます。

本作の舞台はアルストと呼ばれる雲海の世界で、主人公達が踏みしめる大地は巨神獣(アルス)と呼ばれる巨大な生き物という、従来のファンタジーRPGとは一線を画する世界観も特徴ですが、ドライバーとブレイドが織り成す戦略的なバトルシステムも奥が深いのです。

最近がっつりRPGをプレイしたい人にこそオススメしたい一本です。

『RISK OF RAIN 2』
発売元(開発元):Gearbox Publishing(Hopoo Games) ジャンル:ローグライクシューター
(公式サイト/紹介映像)
―歯ごたえ抜群ローグライクシューター!
『RISK OF RAIN 2』は、敵の大群と戦いながら惑星脱出を目指す3Dシューターです。ランダム生成のステージを探検しながら、数々の敵を倒しつつ、強いアイテムを手に入れていくローグライク要素が搭載されています。

本作では、プレイヤーキャラクターの強化とプレイヤースキルを上げる事が何より重要。ゲーム中、時間経過により敵が強くなっていきますし、最後に待ち受けているボスも一筋縄ではいきません。

ただ本作は、インターネット通信に対応しており、最大4人のチームを組む事も可能です!頼れる仲間と一緒に挑んでみるのもありかも?

『スプラトゥーン2』
発売元(開発元):任天堂 ジャンル:アクションシューティング
(公式サイト/紹介映像)
―対戦・協力で熱中したいなら『スプラ2』!
カラフルでイカすキャラクター「インクリング」を操作して、インクが出るブキで敵を倒しながらマップを自分色に染め上げていく異色の対戦型アクションシューター『スプラトゥーン2』!

シリーズ2作目となる本作では、新たなブキやマップが多数登場するほか、他のプレイヤーと協力して迫りくる多数の敵を撃退していくPvEモード「サーモンラン」が搭載。また、今回のシングルプレイモードもアクションゲームとして高いクオリティを誇っています。

対戦・協力プレイに熱中したい人は、これに決まり!

『The Elder Scrolls V: Skyrim』
発売元(開発元):ベセスダ・ソフトワークス(Iron Galaxy) ジャンル:オープンワールドRPG
(公式サイト/紹介映像)
―オープンワールドRPGの最高峰
オープンワールドRPG『The Elder Scrolls V: Skyrim』は、発売から8年経った今も尚、多くのプレイヤーがその魅力に惹かれプレイに励んでいます。

プレイヤーである主人公は、タムリエルの極寒の地・スカイリムへと降り立ち、ドラゴンを倒せる伝説のドラゴンボーンとして、この地の運命を揺るがす事になるのですが、何もすぐに揺るがさなくてもいいのです。

メインストーリーを放り出し、ひたすらダンジョンを冒険したり、野盗のアジトを壊滅させたり、街で空き巣を働いたりと、何をしても良いのです。

何をするかはあなたが決めてください。

<cms-pagelink data-text=”2ページ目:死にまくりながら強くなるローグライク2Dアクション、アクションの鉄板『3Dマリオ』、パズルに建築にバトルロイヤルゲームなど” data-page=”2” data-class=”center”></cms-pagelink>

『Dead Cells』
発売元(開発元):Motion Twin ジャンル:ローグライクアクション
(公式サイト/紹介映像)
―「死」を重ねて強くなれ!
『Dead Cells』は、危険な敵がはびこるダンジョンを探検しながら、拾った武器や装備でキャラクターを強化しつつ、さらに奥深くへと進んでいくローグライク探索型2Dアクションゲーム。

死にゲーな難易度も特徴でプレイヤースキルを上げていく事が肝要になるのですが、攻略中に集めたセルを消費すればキャラクターの永続的な強化も可能です。

決して理不尽な難易度ではないので、何度も「死」を重ねて強くなってください。

『スーパーマリオ オデッセイ』
発売元(開発元):任天堂 ジャンル:アクション
(公式サイト/紹介映像)
―クリボーやドッスン……君はどの敵になりたい?
今度の「3Dマリオ」の舞台は世界中!砂漠から大都市、果ては宇宙まで……登場するステージはバラエティに富んでいます!

そしてマリオの帽子に変身しているキャッピーは、この冒険に欠かせない相棒。彼をブーメランのように投げる事で、ステージのギミックを作動させたり、浮遊している彼を踏み台にして遠くの場所に行けたりと、多彩なアクションが繰り出せるのですが、さらに「キャプチャー」という能力を使って、クリボーをはじめとした敵になれちゃうんです!

あなたも『スーパーマリオ』シリーズに出てきた敵を操作してみませんか?

『Hollow Knight』
発売元(開発元):Team Cherry ジャンル:横スクロールアクション
(公式サイト/紹介映像)
―独特な世界が見る者を魅了する
国内外から高評価を受けているインディーゲーム『Hollow Knight』は、ムシの世界を探検していく横スクロールアクション。

幻想的で独特なグラフィックは、どこか静けさを感じ、人間が踏み込んではならない領域を探索するような気分にさせられます。そして、直感的なアクションが楽しめる操作性、死に覚えゲーのような歯ごたえある難易度、探索しがいがあるボリューム満点のステージなど、ゲームとしても高い完成度を誇るのです。

前述したとおり難易度は高いのですが、それでもこの世界を探索したいという欲求によって、ステージの奥へ奥へと進みたくなります。

『マリオカート8 デラックス』
発売元(開発元):任天堂 ジャンル:アクションレース
(公式サイト/紹介映像)
―白熱したレースを楽しみたいなら!
コース上にある数々のアイテムを駆使し、1位にのし上がっていくゲーム性は言わずもがな健在!操作キャラクターと登場コースもシリーズ最多となっており、ライバル同士で激突するバトルモードも充実しています。

本作のマルチプレイモードでは、世界中のライバルと楽しめるインターネット通信(最大12人)のほか、仲の良い友達とニンテンドスイッチを持ち寄ってワイワイ楽しめるローカル通信(最大8人)に対応しています!

みんなで白熱したレースを楽しもう!

『Minecraft』
発売元(開発元):Mojang/Microsoft ジャンル:クラフトゲーム
(公式サイト/紹介映像)
―無限に楽しめるクラフトゲームの決定版
無限に遊べるクラフトゲーム『Minecraft』と、持ち運びやすいニンテンドースイッチ ライトとの相性は間違いなしです。リラックスしたい休憩中に、あるいは電車の移動時間など、様々なシチュエーションで楽しんでみてはいかがでしょうか。

ブロックで構成された世界で何をするかはプレイヤー次第。ひたすら冒険するのも良し、武器や装備を作成するのも良し、かっこいいお城や理想の邸宅を建てるのもよし……もちろんその全てを行う事も可能です。

いずれにしても本作を本格的に楽しむなら時間がいくらあっても足りませんよ!

『フォートナイト バトルロイヤル』
発売元(開発元):Epic Games ジャンル:バトルロイヤルシューター
(公式サイト/紹介映像)
―最後まで生き延びろ!
最大100人のプレイヤーが同じ島に降り立ち、最後のひとりになるまでバトルロイヤルを繰り広げるオンラインゲーム『フォートナイト バトルロイヤル』。本作の特徴は、集めた素材で建築物を作成できるクラフト要素と、定期的に新要素がアップデートされる事です。

また、基本プレイ無料(アイテム課金制)で、Nintendo Switch Onlineの加入は不要なのも嬉しいところです。

バトルロイヤルゲームをプレイした事がない人も、まずは試しにダウンロードしてみてはいかがでしょうか?最後まで生き残った時の達成感は、何ものにも代え難いですよ!

『TETRIS 99』
発売元(開発元):任天堂(アリカ) ジャンル:パズル
(公式サイト/紹介映像)
―テトリスのバトルロイヤル!?
あのパズルゲームの名作『テトリス』でまさかのバトルロイヤル!プレイヤーは、98人のライバル相手に、テトリミノ(ブロック)を消して相手を攻撃し、最後の一人「テト1」になるまで生き残っていく事になります。

『テトリス』の腕前だけではなく、戦略的な思考も求められるので、難易度的には高い部類ですが、Nintendo Switch Online加入者向けに無料で提供されています。興味がある人は試しにプレイしてみてはいかがでしょうか。

勝利を掴むのは長い道のりになるかもしれませんが、それだけの価値はありますよ!目指せテト1!

<cms-pagelink data-text=”3ページ目:2D横スクでなくて音楽リズムゲー、ボーイフレンドを救出するケンカゲー・誰もが知ってる死にゲーの代表作、国民的MMORPGなど” data-page=”3” data-class=”center”></cms-pagelink>

『Muse Dash』
発売元(開発元):X.D. Network(PeroPeroGames) ジャンル:リズムゲーム
(公式サイト/紹介映像)
―アクションゲー?いいえ、リズムゲーです!
『Muse Dash』は、横スクロールアクションのようなリズムゲーム。プレイヤーは、音楽のリズムに乗って画面右からやってくる敵をアタックするだけ。シンプルなゲーム性ですが、ハイセンスな音楽が心地よくてついつい何度もプレイしてしまうのです。

また、キュートで個性的なヒロイン達も特筆すべき点。彼女たちのコスチュームをゲットするためにステージをクリアしていくのもありかも。また、音ゲーが苦手な人向けに救済措置も設けられているので、このビジュアルにピンときた人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

『熱血硬派くにおくん外伝 River City Girls』
発売元(開発元):アークシステムワークス(WayForward) ジャンル:アクションアドベンチャー
(公式サイト/紹介映像)
―今度の『くにおくん』は女の子が主人公!?
あのくにおとりきが誘拐された!?その緊急事態に立ち上がったのが彼らのガールフレンドであるミサコとキョウコ!『熱血硬派くにおくん外伝 River City Girls』は、そんなふたりが奔走する横スクロールアクションアドベンチャー!

新技を取得して痛快なアクションを繰り出したり、周りのモノを武器にして大暴れしたり、お店に立ち寄って買い物を楽しんだり……主人公が女の子になってもシリーズお馴染みの要素は健在です!

これまで『くにおくん』をプレイしてきたゲーマーはもちろん、これからシリーズに挑戦したい初心者も本作をプレイしてみてはいかがでしょうか?

『サガ スカーレット グレイス 緋色の野望』
発売元(開発元):スクウェア・エニックス ジャンル:RPG
(公式サイト/紹介映像)
―独自要素がクセになるRPG!
名作RPG『サガ』シリーズの生みの親・河津秋敏氏が手がける『サガ スカーレット グレイス 緋色の野望』は、今回も例のごとくやりごたえ抜群です!

本作には、プレイヤー次第で異なる物語が展開されるフリーシナリオシステム、タイムライン上で敵味方の行動順を把握しながら連撃を狙っていくバトルシステム、そして冒険の全てがワールドマップ上で行われるフリーワールドシステムなど、オリジナリティに溢れている要素が多数搭載されています

まさにオーソドックスなRPGに飽きた方にオススメしたい一本です。

『Katana ZERO』
発売元(開発元):Devolver Digital(Askiisoft) ジャンル:2Dアクション
(公式サイト/紹介映像)
―「時」を巻き戻す死にゲー
『Katana ZERO』は、「ドラゴン」と呼ばれる殺し屋になり、彼が持つ予知能力を駆使して任務を遂行していくスタイリッシュ2Dアクションです。

失敗が許されない危険な場面で命を落としても、ビデオテープのように時を巻き戻せるのが本作最大の特徴。また、銃弾をも跳ね返す痛快な刀アクションや、進行すればするほど謎が深まるストーリー、プレイヤーの選択次第で展開が変わるマルチエンディングも本作を魅力的にしている要素です。

バイオレンスかつハードボイルドな雰囲気に包まれたいなら本作をプレイすべきです。

『DARK SOULS REMASTERED』
発売元(開発元):バンダイナムコエンターテインメント/フロム・ソフトウェア(Virtuos) ジャンル:アクションRPG
(公式サイト/紹介映像)
―ザ・死にゲーにハマれ!
フロム・ソフトウェアのアクションRPG『DARK SOULS』は、「死にゲー」の代名詞といっても過言ではありません。プレイヤーは、陰鬱な雰囲気が漂うダークファンタジーの世界を舞台に、不死人である主人公を操作して、何度も「死」を体験しながらダンジョンの奥へと進んでいく事になります。

高い難易度を誇る本作ですが、難関を突破した時の達成感を味わうと、その魅力にどっぷりとハマります。

『REMASTERED』には、オリジナル版で配信されたダウンロードコンテンツ「ARTORIAS OF THE ABYSS」が収録。さらに、オンラインプレイ人数も6人に増加しているなどの新要素も含まれています。

シリーズ未経験の方はこの機会に、経験者もあの歯ごたえあるゲーム体験をニンテンドースイッチ ライトで堪能してみましょう。

『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』
発売元(開発元):スクウェア・エニックス(コーエーテクモゲームス) ジャンル:ブロックメイクRPG
(公式サイト/紹介映像)
―仲間とともに冒険&建築!
『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』は、ブロックで出来た『ドラクエ』の世界を冒険していくブロックメイクRPGです。

自由度が高いクラフトゲームは、往々にして「まず何をしていいかわからない」という問題に突き当たりますが、本作では、ストーリーを進めていけば、従来の『ドラクエ』シリーズ同様に次の目的が示されるので、このジャンルに不慣れな初心者も安心。もちろん、ストーリーに集中せず自由に建物を建築をしたり、理想の街を作り上げたり出来ます。

また本作では、最大4人によるローカル・オンライン通信によるマルチプレイモードも可能。仲の良い友達と一緒に、建築作業と冒険の旅を同時に楽しんでみてはいかがでしょうか。

『ドラゴンクエストX オンライン』
発売元(開発元):スクウェア・エニックス ジャンル:MMORPG
(公式サイト/紹介映像)
―国民的MMORPGが携帯機に!
『ドラゴンクエスト』シリーズのナンバリング10作目にあたるMMORPG『ドラゴンクエストX オンライン』は、Nintendo Switch Onlineに加入しなくてもプレイ可能です!

本作は、従来のシリーズと異なりインターネットに繋いで多数のプレイヤー達と冒険を繰り広げるMMORPGですが、バトルシステムやモンスターのデザイン、転職システムをはじめとした『ドラクエ』ならではの要素が多数搭載されています。

持ち運びやすくなったニンテンドースイッチ ライトで、ベッドやソファでゴロゴロしながらのプレイなど、様々なシチュエーションで本作を楽しんでみてはいかがでしょうか。

<cms-pagelink data-text=”4ページ目:誰も死ななくていいRPG、自動車でサッカーをする対戦ゲーム、スイッチロボゲーの決定版など” data-page=”4” data-class=”center”></cms-pagelink>

『ラングリッサーI&II』
発売元(開発元):角川ゲームス(キャラアニ/シティコネクション) ジャンル:シミュレーションRPG
(公式サイト/紹介映像)
―あの名作SRPGがスイッチに蘇る
ビジュアルやサウンド、ゲームシステムなどが刷新されたフルリメイク作品『ラングリッサーI&II』には、名作シミュレーションRPGとして高い評価を受けている『ラングリッサー』と『ラングリッサーII』の二作が収録されています。

両作の特徴はなんと言っても傭兵システム。自ユニットは複数の傭兵ユニットを従えており、プレイヤーはそれらを指揮して敵ユニットを撃破していく事に。もちろん相手も傭兵を従えていますが、指揮官を倒せば傭兵諸共全滅させる事ができます。このシステムを理解して戦略的なバトルが繰り広げられるようになると、より一層楽しめます。

また、ストーリーもルート分岐をするため、周回プレイが楽しめるのが特徴です。それが二作も収録されているんだからボリューム満点!

体験版も配信されているのでシミュレーションRPGに興味があるなら是非プレイしてみてください。

『UNDERTALE』
発売元(開発元):ハチノヨン(トビー・フォックス) ジャンル:RPG
(公式サイト/紹介映像)
―誰も死なせなくてもいいRPG
世界中の熱狂的なファンから高い支持を受けている『UNDERTALE』は、誰も死なせなくてもいいRPGです。モンスターの世界に迷い込んだ人間の主人公は、一癖も二癖もある個性的なキャラクター達と出会い、彼らの世界を冒険していきます。

プレイヤーは、主人公に襲いかかってくる数々の敵と戦ってもいいし、戦わず友達になってもかまいません。その選択次第で全く異なるエンディングが待ち受けているのです。

一度エンディングに到達すれば、あなたの中で「二周目のプレイではどんな選択をすればいいのか」が決まるはず。個性的で魅力的で中毒性がある唯一無二の『UNDERTALE』の世界観をぜひ何度も味わってください。

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』
発売元(開発元):オーイズミ・アミュージオ(WayForward) ジャンル:横スクロールアクション
(公式サイト/紹介映像)
―大ボリュームの『シャンティ』!
『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー』は、魔神とのハーフである美少女・シャンティを操作して危険に満ち溢れた冒険を繰り広げる横スクロールアクション!

特徴的でバラエティに富んだ敵キャラ、魅力的な美少女キャラ、直感的なアクション、探索しがいのあるステージは本作でも健在!さらに変身魔法が新たに追加され、シャンティはゾウやカニ、クモなどに変身して、それらの特性を活かしながらステージの奥へと進んでいく事になります。

さらにこの『アルティメット・エディション』には、女海賊・リスキィ・ブーツが主人公の追加ストーリーが楽しめる各種ダウンロードコンテンツが収録されています。

シャンティの可愛さにビビッときたらハマるはず!是非プレイしてみてくださいね。

『ロケットリーグ』
発売元(開発元):Psyonix ジャンル:対戦型カースポーツアクション
(公式サイト/紹介映像)
―スポーツ?これは自動車による戦闘だ!
『Rocket League』は、なんと自動車でサッカーをプレイする対戦アクションゲームです!ひとつのサッカーボールを奪うために複数の自動車が激突!それを見れば「これはスポーツではない……自動車で繰り広げる戦闘だ!」と気づくはず!

そんな白熱したバトルが繰り広げられる本作は、ローカル・インターネット通信による最大8人の対戦モードがプレイ可能。さらに、インターネット通信では、他機種版ユーザーとマッチングできるクロスプレイにも対応しているのでいつでも盛り上がれます。

加えて、カスタマイズアイテムでマイカーをオシャレにしたり、ホッケーやバスケットボールの要素を含んだ追加モードが楽しんだりできるので、ボリューム満点です!

『DAEMON X MACHINA(デモンエクスマキナ) 』
発売元(開発元):マーベラス ジャンル:メカアクション 
(公式サイト/紹介映像)
―スイッチロボゲーの決定版!
本作は、複数のパーツから構成される人型ロボット「アーセナル」をカスタマイズして戦えるメカアクションゲーム。

ブレードや太刀といった近接武器から、マシンガン、ミサイル、キャノンなどの様々なタイプの武器、さらに見た目も性能も異なるアーマーを選択して自分好みの機体を作り上げ、敵のロボットや巨大兵器との爽快バトルが楽しめます。

主要スタッフとしてプロデューサーに佃健一郎氏、メカニックデザイナーに河森正治氏が参加。歴代『アーマード・コア』シリーズを手掛けたタッグによる最新の「ロボゲー」を是非体感してみてください。

『ゾイドワイルド キングオブブラスト 』
発売元(開発元):タカラトミー(エイティング) ジャンル:アクション 
(公式サイト/紹介映像)
―本格ゾイドゲームがついに復活!
MBS系列ほかアニメサタデー630枠にて放送されていたTVアニメ「ゾイドワイルド」初のゲーム化作品。劇中に登場する様々なゾイドを相棒としてバトルを勝ち進んでいきます。

組み立てキットでもド派手なギミックが楽しめた「ワイルドブラスト」はもちろん、ゲーム版のオリジナル要素として必殺技「ファイナルブラスト」も実装。ワイルドでド派手なバトルを簡単操作で堪能出来ます。

新ゾイドやステージを含む無料アップデートも続けられており、現在最終決戦バージョンが配信中なのでこちらもお見逃しなく。

『すばらしきこのせかい Final Remix』
発売元(開発元):スクウェア・エニックス(ハ・ン・ド) ジャンル:アクションRPG 
(公式サイト/紹介映像)
―新シナリオ収録!物語は核心へ……
ニンテンドーDSソフトとして、2007年にスクウェア・エニックスより発売された名作アクションRPG『すばらしきこのせかい』の完全版。グラフィックのHD対応はもちろん、ファンからの評価も絶大なボーカル楽曲やBGMも高音質化。新規楽曲やアレンジ曲も収録されているほか、新たなバッジも追加されています。

さらに今回、これまで語られる事がなかった物語の核心に迫る新シナリオが収録。すでに過去作をプレイした方にも気になる1作となっています。

<cms-pagelink data-text=”5ページ目:宇宙世紀を堪能できるシミュレーションRPG、あのキャラが集う人気クロスオーバー作品・戦車道が楽しめる対戦アクションなど” data-page=”5” data-class=”center”></cms-pagelink>

『スーパーロボット大戦T』
発売元(開発元):バンダイナムコエンターテインメント ジャンル:シミュレーションRPG 
(公式サイト/紹介映像)
―正統な『スパロボ』シリーズをスイッチで!
様々なアニメ・ゲーム作品のロボットやメカニックが一堂に会して戦うシミュレーションRPG『スーパーロボット大戦』。

そのシリーズ作品である『スーパーロボット大戦T』には、「ガン×ソード」や「機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート」「勇者特急マイトガイン」といった人気作品に加えて、「魔法騎士レイアース」「カウボーイビバップ」「楽園追放 -Expelled from Paradise-」「わが青春のアルカディア 無限軌道SSX」の4作品が新規参戦。一癖も二癖もある作品たちが織りなす、濃いクロスオーバーシナリオをぜひお見逃しなく!

『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』
発売元(開発元):バンダイナムコエンターテインメント ジャンル:シミュレーションRPG 
(公式サイト/紹介映像)
―家でも外でもGジェネ!
「機動戦士ガンダム」シリーズの様々な作品によるクロスオーバーを楽しめるシミュレーションRPG『Gジェネレーション』。シリーズの中でも本作は、宇宙世紀の時代を舞台にした歴代作品の追体験ができる「王道Gジェネ」です。

前作『オーバーワールド』からグラフィックも一新されており、戦闘アニメには「ストリームレンダリングアニメーション」技術を採用。パイロットのカットインもコックピット視点の描写が追加されるなど、アニメらしい演出が強化されています。

また本作には過去配信されたDLCがすべて最初から同梱。ゲーム序盤から「ガンダムTR-6[ウーンドウォート]」といった人気機体を扱うことが可能になっています。

『仮面ライダー クライマックススクランブル ジオウ』
発売元(開発元):バンダイナムコエンターテインメント(ランカース) ジャンル:アクション 
(公式サイト/紹介映像)
―平成ライダー20作品の集大成ゲームがここに!
2019年に幕を下ろした「平成・仮面ライダー」の歴史。本作は、その最後を飾った「仮面ライダージオウ」初のコンシューマーゲーム作品。歴代仮面ライダーを操作して1~4人プレイでのライダーバトルが楽しめます。

ストーリーモードでは、ジオウとゲイツを主人公としたオリジナルの物語が展開。TV版本編では見られなかったライダー達との会話など、歴代ファンにはたまらない内容となっています。

アップデートも配信されており、「仮面ライダーウォズ」などゲーム発売時点では登場していなかったライダーも実装。平成ライダーゲームの到達点を是非楽しんでみてください。

『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチDX(デラックス)』
発売元(開発元):バンダイナムコエンターテインメント(ナツメアタリ) ジャンル:戦車アクション 
(公式サイト/紹介映像)
―スイッチでもパンツァー・フォー!
人気TVアニメ「ガールズ&パンツァー」を題材にした戦車アクションゲーム。キューポラから乗り出す車長や、戦車によるドリフト、「ナポリターン」といった「ガルパン」らしいアクション演出で、爽快かつ本格的な戦車戦が楽しめます。

ローカル通信で最大8人による対戦プレイが、インターネット通信では最大10人による大規模対戦プレイが可能。現在も劇場公開が進行中の「最終章」に登場したキャラクターが追加。さらに、主要キャラ以外の様々なキャラクターの3Dモデルも実装されており、過去作を遊んだという方にも目新しい要素が満載となっています。

『Project Nimbus(プロジェクト・ニンバス): Complete Edition』
発売元(開発元):GameTomo(GameCrafterTeam) ジャンル:メカアクション 
(公式サイト/紹介映像)
―本格ハイスピード・ロボアクション!
「バトルフレーム」と呼ばれる人型汎用兵器を操縦して戦場を駆けるハイスピードロボットアクションゲーム。2078年の世界を舞台にテロ組織や多国籍勢力との戦いを描きます。

本作を手掛けるのはタイのインディーゲーム開発チーム。純日本風なロボット・キャラクタービジュアルからも分かる通り、「ガンダム」や「マクロス」、「アーマード・コア」、「エースコンバット」といった日本のアニメ・ゲームに強く影響を受けています。

大空を360度自由に飛び回れる爽快感や、多種多様な武器を用いたテクニカルな戦闘がクセになるコアユーザー向けのロボゲーです。

『アサルトガンナーズ HD EDITION』
発売元(開発元):マーベラス ジャンル:メカアクションシューティング 
(公式サイト/紹介映像)
―撃ちまくりロボットアクションがHDリマスターで復活!
無数の弾丸が飛び交う戦場で敵をひたすらに撃墜していくハイスピードロボットアクションゲーム『アサルトガンナーズ』。

本作では、ロボットゲームにありがちな煩雑な操作は必要なく、シンプルかつ直感的に爽快感あふれる戦闘が楽しめるのです。戦場には最大4人まで僚機を随伴可能。機体を自由にカスタマイズして自分だけのチームを作成できます。

また『HD EDITION』では、HDリマスターが施されており、グラフィックがより高精細に。新たなパーツやミッション、豪華声優陣のボイスなど様々なコンテンツを収録したDLCも配信中です。

『アスタブリード』
発売元(開発元):PLAYISM(えーでるわいす) ジャンル:メカアクションシューティング 
(公式サイト/紹介映像)
―2.5Dで展開するドラマチックロボットアクション!
ハイスピードかつダイナミックな戦闘が体感できる2.5Dドラマチックロボットアクションシューティングゲーム。プレイヤーは、異星と地球の技術が融合した宿命の機体「クロスブリード」を操縦して数々の戦場を駆け抜けます。

本作では、縦・横はもちろん奥行きまでもがシームレスに接続。マルチスクロールの爽快アクションシューティングを楽しむことが出来ます。

そして全編フルボイスで展開される濃密なストーリーも必見。このジャンルでは珍しく、ビジュアルノベル的なシーンが演出として差し込まれています。

まさに爽快なシューティングとともにストーリーも楽しみたい欲張りな人にオススメです。

<cms-pagelink data-text=”6ページ目:教師になって生徒を導く『FE』・カツアゲからガリ勉まで何でもできる不良ゲー・中毒性抜群ローグライクカードゲームなど” data-page=”6” data-class=”center”></cms-pagelink>

『ファイアーエムブレム 風花雪月』
発売元(開発元):任天堂(インテリジェントシステムズ/コーエーテクモゲームス) ジャンル:シミュレーションRPG 
(公式サイト/紹介映像)
―推しの生徒を育てて戦場で無双しよう!
言わずとしれた人気シミュレーションRPGシリーズの最新作。バトルはお馴染みのターンベース型で、シリーズ初心者にも取っつきやすいシステムです。

今回、プレイヤーは修道院の教師になって生徒を導きます。3つの学級から自分の担当を選ぶのですが、どの学級も美男美女、一癖も二癖もある生徒が揃っており、公式サイトのキャラ紹介を見ながら大いに悩む事になるでしょう。

修道院内を自由に散策し、生徒と交流しながら知識を授け、時には一緒に料理を作ったりお茶会を開いたり……まるで恋愛シミュレーションゲームのようにプレイできます。

これまでのシリーズより育成要素が強めになっているので、お気に入りのキャラを育てる楽しみがグッと増しているのが特徴です。

『The friends of Ringo Ishikawa』
発売元(開発元):yeo ジャンル:2D横スクロールアクション 
(公式サイト/紹介映像)
―不良のはずが真面目に勉強!?
『くにおくん』シリーズを彷彿とさせる、不良高校生が主人公の2D横スクロール喧嘩アクション。街で喧嘩に明け暮れるもよし、真面目に勉強して良い成績を目指すもよし、寄り道要素が豊富な自由度が高いゲームです。

お金を稼ぐ手段はカツアゲ・バイト・奨学金など様々。稼いだお金はジムで自分磨きに使ったり、読書を楽しんだり、テレビを購入して友達を家に招き映画鑑賞会を楽しんだりも出来ます。

高校生という自分の将来がかかった大事な時期……過ぎ去ったあの頃を思い出してノスタルジックな気分に浸れるシーンが多く内包しています。

再びあの日々を思い出してみませんか?

『パンティーパーティー』
発売元(開発元):賈船(Animu Game) ジャンル:アクション 
(公式サイト/紹介映像)
―自分もパンツ!敵もパンツ!みんなパンツ!
どいつもこいつもパンツという気がおかしくなりそうなハイスピードアクションゲーム……それが『パンティーパーティー』!

ある日、主人公の夢理花は、人語を話すパンツと出会い、理不尽にもパンツにされてしまいます。さらに「パンツを愛する愛の戦士」という謎の使命を背負わされ、悪のパンツと戦うハメに……というよくわからないストーリーが展開されるのです。

ストーリーモードに加え、アーケードモード、最大4人まで参加可能の対戦モードが用意されています。

「バカゲーが好きだ!」という方にはおすすめの一本。そうでない方もプレイしている内に本作のバカバカしい魅力に、いつの間にか夢中になっているでしょう。

『ヨッシークラフトワールド』
発売元(開発元):任天堂(任天堂/グッド・フィール) ジャンル:アクション 
(公式サイト/紹介映像)
―押したり引いたり、工作の世界を冒険!
全てが工作で出来た世界をヨッシーが冒険する『ヨッシークラフトワールド』は、様々な仕掛けを解きながら進むアクションゲーム。基本は横スクロールですが、奥や手前はもちろん、画面をひっくり返してステージの裏側を進む事も可能です。

落下の心配のないパタパタヨッシーモードがあるので、ゲーム初心者にも優しい作りになっています。ゲームの腕前に自信がある方は、隠し要素のコンプリートを目指せば、面白さとともにやりごたえも感じられますよ!

『Slay the Spire』
発売元(開発元):Humble Bundle(Mega Crit Games) ジャンル:カードゲーム 
(公式サイト/紹介映像)
―中毒必至のカードゲーム!
『Slay the Spire』は、デッキの構築や戦略がものを言う、中毒度の高いターンベースカードバトルゲーム。と言っても小難しくはなく、自分がやられる前に敵のHPを0にすれば勝ちという単純明快なルールになっています。

ただ前述の通り、ルールは単純でも戦略の幅は広いのです。全てのカードにはコストが割り振られており、1ターンで使用できるコストは限られているので、いくら強いからと言って高コストのカードばかり集めていたら詰んでしまいます。時には低コストのカードを駆使する事が必要になってくるのです。

マルチプラットフォーム展開が行われている本作ですが、スイッチ版なら場所を選ばずプレイ出来るので、リビングで、寝床で、外出先で、どこでも熱中になれます!

『ネコ・トモ』
発売元(開発元):バンダイナムコエンターテインメント ジャンル:コミュニケーション
(公式サイト/紹介映像)
―言葉も教えられるネコミュニケーションゲーム!
『ネコ・トモ』は、人間の言葉を話す不思議な2匹の「ネコ」の飼い主となり、コミュニケーションを深めていくシミュレーションゲーム。

ネコたちとキズナを深め、日々を過ごしていく中でストーリーが進行。そしてプレイをしている内に、彼らが大切な家族になっていくのが体感できるようにわかるはずです。

また、本作では合成音声システムを採用しており、主人公の名前や教えた単語を実際にネコたちが発音。入力した言葉によっては思いも寄らない会話になることも?

プレイヤーの数だけ、様々なネコの姿を見る事ができるユニークな作品です。

『ROBOTICS;NOTES DaSH』
発売元(開発元):MAGES. ジャンル:アドベンチャー
(公式サイト/紹介映像)
―世界を救う「オタク」の物語
今とは違う2019年。スマホではなくポケコンと呼ばれる端末が普及し、拡張現実技術が身近に存在する世界を舞台に繰り広げられる拡張科学アドベンチャーゲーム『ROBOTICS;NOTES』待望の続編作品です。

前作から半年、久しぶりに再開した元ロボ部のメンバーが過ごす日常と、世界を再び混乱に陥れる新たな事件が描かれます。今作ではポケコンのマップアプリを使用して移動先を選択できるなど、前作にもまして自由度がアップ。シナリオの分岐においても重要なシステムとなっています。

<cms-pagelink data-text=”7ページ目:カクテルを作る異色のバーテンダーADV・無限に遊べてコースも作れる『マリオ』・ほぼ全てのNPCに干渉できるJRPG・自由度満点のスローライフRPGなど” data-page=”7” data-class=”center”></cms-pagelink>

『キルラキル ザ・ゲーム -異布-』
発売元(開発元):アークシステムワークス ジャンル:格闘アクション 
(公式サイト/紹介映像)
―原作テイストのアクションをそのまま再現!
本作は、一世を風靡した大人気TVアニメ「キルラキル」を題材にした格闘アクションゲーム。原作の作画テイストを極限まで再現した「3Dセルルック技術」が最大の特徴で、まるでアニメの登場キャラクターをそのまま動かしているような圧倒的グラフィックを体感出来ます。

本作には原作アニメの展開を再現したルートの他、中島かずき氏が書き下ろす「IFの物語」も収録。本編にはなかった“もしも”の戦いを見ることができるファンにはたまらない作品となっています。

またインターネット通信による2人対戦も可能なので、本作ならではの白熱したバトルを友達やライバル達と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット COMPLETE EDITION』
発売元(開発元):バンダイナムコエンターテインメント ジャンル:アクションRPG
(公式サイト/紹介映像)
―ハードコアな仮想世界でTPS!
TVアニメも好評の大人気ライトノベル「ソードアート・オンライン」シリーズに登場するVRゲーム「ガンゲイル・オンライン」をテーマにしたアクションロールプレイングゲームです。本作では、銃と鋼鉄の世界「GGO」を舞台に、これまでのSAOゲームとは異なるTPSスタイルでゲームが進行します。

本コンプリートエディションには過去に配信された有料DLCがすべて収録。さらに大型拡張コンテンツ「雪原の歌姫」も追加されているなどお得な1本となっています。

『VA-11 Hall-A ヴァルハラ』
発売元(開発元):PLAYISM(Sukeban Games) ジャンル:アドベンチャー
(公式サイト/紹介映像)
―バー”VA-11 Hall-A”へようこそ
どこか懐かしくも新しい近未来の世界を、ドットテイストのグラフィックで描いている『VA-11 Hall-A ヴァルハラ』は、選択肢がない珍しいタイプのアドベンチャーゲームです。

プレイヤーは、バーテンダーとなって、水槽の中の脳や、喋る犬、ヒューマノイドといったユニークな客にカクテルを提供。その後のストーリーは、プレイヤーが提供するカクテルによって変化するという風変わりなシステムになっています。

客との会話内容は、仕事の悩みからアダルトなものまで千差万別。その時の状況やあなたの気分に応じてカクテルの配分を調整してください。

『Stardew Valley』
発売元(開発元):オーイズミ・アミュージオ(Chucklefish) ジャンル:スローライフRPG 
(公式サイト/紹介映像)
―じいちゃんから受け継いだ農場でスローライフ!
『Stardew Valley』は、祖父から譲り受けた農場で自由気ままに生きるスローライフRPG。

作物を植えて農場を発展させるも良し、町の人と仲良くなるも良し、洞窟を探検して冒険に精を出すも良し……とゲーム開始直後はやれる事の多さに戸惑ってしまいますが、プレイしている内にどんどんやりたい事がいっぱい出てきます。

本当に何をするのも自由なゲームなので、プレイする人の個性が出ます。『牧場物語』シリーズが好きな方にはおすすめです!

『ASTRAL CHAIN』
発売元(開発元):任天堂(プラチナゲームズ) ジャンル:アクション 
(公式サイト/紹介映像)
―人間×レギオンのデュアルアクションが爽快!
「キメラ」と呼ばれる化け物が闊歩する世界。主人公は、「特務局 特殊災害対策課 ネウロン」の職員として生体兵器レギオンの力を用いて戦います。

本作の特徴は、人間の主人公と生体兵器レギオンを同時に操作するデュアルアクション。人間とレギオンによるコンビネーションで敵を倒した時の爽快感は、本当にたまりません。

レギオンは、近距離攻撃に特化したタイプから腕力に特化したタイプまで……多種多様に登場します。入手したレギオンはいつでも入れ替え可能なので、状況に応じた使い分けを考える楽しさがあります!

開発は『ベヨネッタ』や『ニーア オートマタ』を手掛けてきたプラチナゲームズ、キャラクターデザインは人気漫画家の桂正和氏。彼らがタッグを組んで作られた本作が面白くないわけありません!

『スーパーマリオメーカー2』
発売元(開発元):任天堂 ジャンル:アクション 
(公式サイト/紹介映像)
―作って遊べ!オリジナルコース!
小さい頃、ノートの片隅に自作の『スーパーマリオ』のコースを書いていた人も多いと思います。『スーパーマリオメーカー2』はそんな小さい頃の夢を叶えられるゲームです。

本作は、『スーパーマリオ』シリーズのオリジナルコースが作れるアクションゲーム。あなたの思うがままにコースに、敵キャラを出現させたり、アイテムを配置したり、あっと驚く仕掛けだって作れちゃいます。

さらにインターネットに接続すれば、世界中のプレイヤーが作成したオリジナルコースがプレイ可能。一歩も動かずゴール出来る全自動コースや、スイッチを入れる事でガラリと姿を変えるギミック満載のコースだってあるんです!

ひたすら作るもよし、ひたすら遊ぶのもよし……無限にのめり込めます。

『OCTOPATH TRAVELER』
発売元(開発元):スクウェア・エニックス(アクワイア) ジャンル:RPG 
(公式サイト/紹介映像)
―懐かしくて新しいRPG!
『OCTOPATH TRAVELER』は、懐かしさを感じるオーソドックスなJRPGに見えますが、2Dドット絵と3DCGのイイトコ取りな「HD-2D」のグラフィック、現代風に遊びやすく改良されたコマンドバトルシステム、8人の主人公からなる複雑なストーリーなど、最新鋭の新要素が詰まったRPGです。

8人の主人公にはそれぞれ「フィールドコマンド」と呼ばれる固有アクションがあり、ほぼ全てのNPCに対して、「決闘」を挑んだり「誘惑」をしたりと干渉出来ます。これが、思わず色んな場所で使ってみたくなる面白さがあるのです。

スーパーファミコン時代のJRPGが好きな人には間違いなく刺さりますし、自由度が高いゲームが好きな人にもオススメできます。

『星のカービィ スターアライズ』
発売元(開発元):任天堂(HAL研究所) ジャンル:アクション 
(公式サイト/紹介映像)
―敵を味方に!最大4人で大冒険!
敵を吸い込んで能力をコピー出来る数はシリーズ最多の28種類!

今作では敵の能力をコピーするだけにとどまらず、ハートをぶつけて敵をフレンズとして仲間にする事も可能です。一緒に冒険出来るフレンズは最大3人。それぞれ固有の能力を持っているので、攻略に役立つ頼もしい仲間です。

そしてカービィーのコピー能力とこのフレンズの能力をかけ合わせれば、化学反応の如く新たな力が生まれるのです。さらに全員で力を合わせれば、とっておきのフレンズアクションが発動。バトルやステージの攻略で大いに役立ちます。

このフレンズの組み合わせを試行錯誤していくのが本作の醍醐味です!

Game*Spark Game*Spark

最終更新:9/19(木) 22:12
Game Spark

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事