ここから本文です

【神戸新聞杯】サートゥルナーリア 坂路ラスト2ハロンで超抜時計マーク「精神的にも大人に」

9/19(木) 21:12配信

東スポWeb

【神戸新聞杯(日曜=22日、阪神芝外2400メートル=3着までに菊花賞優先出走権)注目馬19日最終追い切り:栗東】サートゥルナーリアは先週までにしっかり負荷をかけているため、この日は坂路で単走。ゴール前でサッと脚を伸ばす程度の感覚ながら、後半2ハロン23・8―12・0秒という超抜時計をマークした(4ハロン52・4秒)。

 最後まで余力残しで、これだけ動けるのは体調がいい何よりの証しだろう。体も一段とたくましさを増しており、ダービー(4着)以来の休み明けでも、不安はまったく見当たらない。

 主戦のルメール騎手「先週乗りましたが、すごくいい動きでした。コンディションは良さそうです。ダービーはスタートで出遅れたので、2400メートルが長いかどうかは分からない。改めてスタミナのテストですね」

 辻野助手「前走後は放牧で成長を促しました。ダービー前の立ち上げに比べると、体に余裕があって、精神的にも大人になっています」

最終更新:9/19(木) 21:15
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事